FC2ブログ

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

薄桜鬼 とか

今日はね、ほんっと久しぶりに薄桜鬼見てました!
多分半年ぶりぐらい……?

やっぱり薄桜鬼好きだなって再実感しました。
話ももちろんなんですけど、背景美術の美しさが際立ちます。
見るだけで季節や時間がいつだとはっきりわかるんですよね。
後は剣のシーン。
これはモーションキャプチャ……だっけ?を使用しただけあって完成度が非常に高いです。

「手向かいするものは容赦なく斬る!」
このセリフを言う近藤さんはやっぱりどの近藤さんもかっこいいですね。

そしてあまりに好きすぎて、DVDBOX買いました。
映画のDVDも買いました←
前売りも購入済みです←

1393167566790.jpg

薄桜鬼見てなかったら歴史には興味を持っていなかったと思います。
歴史以外でも、勉強したいものがたくさん出てきたきっかけも薄桜鬼です。

今回数回目の視聴できになったのは、
伊東さんは山南さんが羅刹になった翌日から、彼が騒ぎに何か関わっていると気がついていたのだろうか?
と言う点。
アレは原作のゲームでもアニメでも描かれていないではないですよね?
伊東さんは勘が鋭いので気がついていそうではあるし、周りも彼なら気がつくと言っていますが……。

うーん、謎です。

土方さんが千鶴を信用していない雰囲気が強いけれど、
結局千鶴に甘いところが難点。
ここはもう少し千鶴に厳しく接して欲しいですね。

薄桜鬼、今年は映画の後編公開、SSLの発売、裏語薄桜鬼のファンディスクの発売といろいろとありますが、
ここでファンが減らないといいな、と思っています。
SSLと裏語は反対派も多いので……。
ちなみに私は裏語はなしだと思います。
高杉晋作とかと恋愛したいとは思いませんね。
せめて幕臣にして欲しかったなと今でも思います。


下記、ここ最近のはまりものとか買い物とか。

Bg7C26JCIAAsqkq.jpg

衝動買いした本たち。
幕末・うたプリ・羽生君。
つか羽生君とかうたプリとか私どれだけプリンスさま好きなんだよ←

羽生君可愛すぎでしょ
翔ちゃん可愛すぎでしょ
こんなショタどこにいるのって感じだよ←

後は最近フィギュアスケート動画あさってます。



羽生君が好きなので勢い余って自分でも動画作った痛い人です。
うたプリの藍ちゃんと羽生君ってものすごく合うんです。
「月明かりのDEAREST」でも作りたいなと思ったのですが、良い映像が見つからなかったです……。
聖川さんの「Knocking on the mind」とかも良いなぁ……←

でも「Knocking on the mind」なら本田武史さんが良いな。
(本田さんは私が一番最初に好きになったフィギュアスケーターです)



残念ながら私が一番好きな演技は見つからなかったです。
その映像を除けばソルトレイクのフリーの演技が一番好きです。
あそこでジャンプ失敗してなかったらメダル取れたかもしれないのにと見るたびに思う映像でもあるのですが、
好きだから良いのです←
スポンサーサイト



薄桜鬼黎明録 8~10話

羅刹の首を大坂にさらすとか怖い・・・・・・。
「浪士組」のころの悪名高さは異常だったからね。

あ、このころ羅刹はまだ吸血鬼みたいに灰になることはなかったのね。


その後齋藤さんの過去話。
試衛館に他流試合?を申込みに行って総司と戦う。
この二人は新選組でもガチに強い二人だし、どっちが勝ってもおかしくない試合なんだよね。
剣の達人総司と居合の達人齋藤さん。
齋藤さんが左構えだったのは本当なのかなぁ・・・?

龍之介くんは剣術とかやらないのかなぁ。
齋藤さんには剣を学べと言われているけど、苦手そうだよね。
その後は遅刻厳禁って言われて無理やり参加させられてるし。
しかもなんだかんだ言いつつ真面目に稽古してるしwww
さすが龍之介くん。
ま、芹沢さんにこき使われてるから斎藤さんにも・・・・・・って思ったのはありそうだね。

その後は隊服代まだ払ってないなんて話になるし。
平間さんは困った感じだし芹沢さんは居留守使ってるし。
龍之介はサボり含めの巡察に参加してるし。
ちなみに、手まめはつぶれるとだんだん手が固くなっていくよ~龍之介君。

その後佐々木さんの照れ顔!!!
可愛いなぁ。
あの子、あぐりって名前だっけか?
龍之介くんま舞妓の女の子の事考えてるし、純情やねぇ・・・。

永倉さんは飲みにいくと言う話が出て芹沢さんと一緒に行って龍之介くん連れて行くし。
あーでも芹沢さんと飲みに 行くのなんて怖いなぁ。。。
永倉さんは同門だから付き合ってるたけじゃないのね。
嫌いになれないってのは不思議ねぇ。
でも情に厚かったりするし、良いところもあるのかもしらんなぁ。

そしてついにお梅さん来たぁぁぁぁ!
押し倒されたお梅さんω
強姦まがいやん。

浪士組を騙って押し借りするのも現れたし。
それも芹沢さんの所為だけどね。。。はぁ。

あ、いきなり龍之介くんと小鈴ちゃんやぁ♪
「嘘は嫌い」かぁ。
でも可愛いも嘘になっちゃうのか?
「芹沢さんが乱暴しないように見張っておく」は嘘にはならないのか?

その後の山崎さんと龍之介君の殴り合いはなんだかな、と。
武士になりたい山崎さんと、武士が嫌いでただの狗に成り下がった龍之介君。
龍之介の家は御家人で、株を売ってでも、借金だらけ。

あの時代には多かったですよね。

芹沢さんはいつも通り花街で暴れ出します。
しかも、「裸で舞え」ってイジメだよな。
髷を落としたら許してやる、と言うのも酷だよね。
しかも女性だし、芸子だしなぁ。

そいや借金して根付け盗んだって話あったなwww
佐伯だっけ。。。

佐々木愛次郎(弘化2年(1845年) - 文久3年8月2日(1863年9月14日))だっけ、も殺されちゃいます。
新選組美男五人衆の一人。


9話では、相撲興行をやっていた近藤派と、大和屋焼き討ち。
芹沢鴨ら約30名の隊士が、
京都の生糸問屋大和屋庄兵衛(大和屋は和物・絹糸・縮緬などを買い占め外国交易で財を成していた。)
に金策を謝絶されたことに腹を立て放火。
刀を抜いて火消を寄せ付けず、一晩かけて焼き尽くす。
この事件をきっかけに松平方森は、近藤らを呼び出し処置を命じたとされている。



コレは芹沢派ではないとも言われています。
ですが、芹沢先生ならしそうですね。

この頃芹沢さんは梅毒だったらしいですね。
痛みを忘れるために酒を飲んでいたとか何とかって。

会津は会津で芹沢には辟易していた節はあるし。。。

そして八月十八日の政変です。
薩摩と会津が長州が警護していたはずの堺町御門を警護。
御所に入ろうとする薩摩会津と長州がいがみ合って一触即発状態。
堺町御門では諍いもありましたね。

浪士組は最初こそは御門に入れないものの
芹沢さんの「俺は芹沢かも、陣中まかり通る!」はやっぱり格好良い。

そして「新選組」を拝命。
新選組とは元々、会津藩の軍編成の中の組織名で、
武芸に秀でた藩士の子弟から選抜される軍隊であり、そこから付けられたと言われいる。


薄桜鬼 黎明録 7話

7話はいきなり大坂での力士との乱闘事件。
いくら大坂奉行所が認めて、親方が謝っても土方さんは認めないらしい。

しっかし「武士は辱められたら命を捨ててでも向かう」と言うのはなぁ。
芹沢さんの「土方、お前は鬼になれ」は良いシーンだな。
「覚悟がない」と言うのはよく分からんな。

ここの土方さんと芹沢さんの会話が好きです。
武士になるために活動しているけど、武士にはなれない。
芹沢さんはきっぱりと言い切ってしまうけれど、
この時代の人の生き方は武士らしさがにじんでいる人が多いですね。

「弱きを助け、私義を貫く」、か・・・・・・。
近藤さんの夢は格好いいなぁ。
土方さんは武士になりたい、の一言。

龍之介と平助君可愛いなぁ。
ぐるぐる平助君萌え//////

その後は「監察方設置」の話。
芹沢さんは自分たちを監視するのか、と言っているけれど・・・・・・。
確かにそれもある。
でも間者とか羅刹とかいろいろと有るししょうがないんじゃないかな。

暫くして・・・
芹沢さん「押し借りとは不届きだ」・・・と屯所に閉じ込めて羅刹化。
すぐに暴れて屯所の外に出ていくし。。。
新見さん勝手な行動しすぎやで。

平助君は取り逃がすし……。

でも結局二回目できちんと倒します。

薄桜鬼 黎明録 4~6話

総司の子供のころの話。
まさか折檻されてたなんてね・・・・・・。
9歳から道場に入っていたと言っても、最初のころは下働きや稽古と言う名の暴力。

こりゃ強くなるわ。
姉には捨てられたと思っていて、試衛館では一部を除いて苛めの連発。

でも近藤さんも近藤さんだなぁ。
「折檻をやめろ」と近藤さんが告げたら「お前が先生に告げ口したんだろう」

でも総司はあの頃から強かったらしく、兄弟子たちの太刀筋を見極めていたとか。
その後の試合で、総司は額に怪我をするも兄弟子に勝っちゃうし。

あの頃から総司は強かったんだなぁって。
多分10歳ぐらいの時だよね。


しっかし「世の中に意味のないことなどない」か。。。
近藤さんが「可哀そう」と言わないのもそういう心を総司に教えたかったなのかな?
これが史実かどうかはわかりませんが、史実で有れば近藤さんは、
色々な面で総司の先生だったんだなぁ、と。


次の話は「芹沢は近藤の事をどう思っているか」と言う話。
「このまま捨て置く事は出来ない」と言う芹沢さんの一言が強い。
やっぱりどこかで情を捨てられなかった人なんだなぁって。

芹沢さんが「殿内にとって近藤は邪魔、斬りたいと思っている」の一言で、
総司は相談することを決意。
殿内さんは近藤さんの事が本当に邪魔だったみたいで、
「近藤無き後も拙者がいくらでも相談にのろう」と一言。
殿内は武士出身だったのもあって、プライドが高い。
そして総司は初めて人を斬る。


その後の芹沢さん曰く
「総司は士道不覚悟を静粛したのみ、
近藤さんと土方さんは甘い」



まだ鬼になっていない土方さん。。。


ちなみに、土方さんが総司に「江戸に帰れ」と言ったのは、
彼の心があまりにも弱すぎて、人を斬りたいと言いたがっていたから。


5話では相変わらず芹沢さんのこじつけがナイス
「金を持ってる商人→異人に物売って儲けてる
→そいつらから金を奪う→攘夷」
らしい。

でも芹沢さんの言葉ってなんか重いなぁ。
「武士は人々の畏怖の対象で無ければならない」か。
芹沢さんは多分甘ったれた人間が嫌いなんだろうな。

その後何故か墨が全て売り切れたとか言ってるけど
小鈴ちゃんが入って来たらあったかも知れないってwww
まぁ、東言葉が嫌いな人が京には多いってのは納得かも。
京の人間は江戸の人間が嫌いって言うし。

つーかせっかく助けて貰ったのに小鈴ちゃん怒らすなよ。
舞妓さんっていろいろと大変だからね。
稽古事も多いし・・・・・・。
適当に酌して客の機嫌だけとってりゃ良い仕事ならそんな楽なことないわ。

その後会津中将にお目通りがかかるとか何とかって。
みんなで行くとか鬱陶しくない?
でも上覧試合とか凄いよなぁ~
このシーン、劇場で見たらさぞ迫力だっただろうなぁ~

会津公から言葉が頂けたのは幸せだっただろうな。


その後は芹沢さんが工面と言う名の強奪してきたお金で隊服を作成。
土方さんや斎藤さんの言葉通り、覚えて貰うためには手っ取り早いよね、制服とか隊服って。
見てすぐ何者か分かるし。


6話ではいきなり羅刹と言うか変若水の話。
しっかし幕府からの蘭方医ってことは松元良順みたいな人ってこと?
かねてよりってのは一体・・・・・・。

でも幕命とかやっぱり裏がありそうとしか思えないよね。
浪士組ってあの頃はそんなに力強く無かったし。

ここで羅刹登場。
戦おうといる龍之介・・・・・・。
でもやっぱり無理そうで固まってるよね。

その後「羅刹」の説明。
・治癒能力
・理性を失い正気ではない
・闇夜でのみ力を発揮する

命令にしても理不尽過ぎる。
芹沢さんは「武士は上からの命令に従うことが美徳」と言っているけれど・・・・・・。

「生まれや育ちが一切関係ない。武士として扱う」か
平助は新見さんを見張る役になったし、龍之介くんは平間さんの代わりに
京に残る。
平間さん優しいなぁ。

龍之介君はまだあんまり慣れてないのかな。
どこか残念なところあるよね。


薄桜鬼 黎明録 1~3話

アニメの薄桜鬼 黎明録を見ています。
ここ最近ドラマとかアニメとか全く見てないよ・・・・・・。

最初の龍之介くんの「武士なんてくそくらえだ」って言うのは良く分かるんですよ。
立場が低いけど「武士」としてのプライドがあったりすると特に・・・・・・ですよね。

芹沢さんは「島原で根回し」とか言う意味の分からないこと言ってるし。
土方さんは「どうやって」と突っ込んでいて流石だな。
でも芹沢さんは有名だし「会津とのつてがある」って話だし。
土方が芹沢の力を借りるのは構わないと言ったのはやっぱり京に残って名をあげるためだよね。


二話で思ったのは、武士は武士でもやっぱり幕末あたりになったら地に落ちた感じあるなぁ・・・・・・。
天誅とか何とか言って平気で過多な振り回してたし。
いつの間に刀とか袴とかは特権階級のものじ無くなってるし、粋がってる連中多いし。

子供相手に刀とか究極の不逞浪士でしょ。
そのくせ「勤王の志士」とかほざくし。
どうやら勤王の志士と言えば刀を抜いても良いらしいな。

斎藤さんも浪士組に入ったし、みんな京に集まったのね。
京内は危ないみたいで一人で出歩くな、か。

その後は家茂公の警護か。
しかし芹沢さん家茂叩きすさまじい。
「無能だ」と一言。
「攘夷祈願で呼ばれて上洛するとか将軍家も落ちた」ってことね。


その後本庄宿の話。
ちなみにこれは無かったと言われてるね。
町中でたき火やったにも関わらず記録に残ってないのはおかしい、と。

そいや家茂公上洛の時に「よー征夷大将軍!」って言った奴いたな。
高杉だったか?
行列、あれは映画館で見たかったなあ。


そして新見の目がいっちゃってる←

三話では
会津公への嘆願書をそろそろ提出するとかなんとかって。

無事に書状は通って正式に「お預かり」となります。
でも「お預かり」だからね。。。
正式な藩兵ではないからね・・・。
しっかし芹沢派はみんな「芹沢先生芹沢先生」うるさいなぁ。
「芹沢先生のおかげです」「芹沢先生は幕府も動かす」とかなんとか・・・・・・。


しかし総司いきなり「あんたを斬る」って芹沢さんに言っちゃうとは怖いな。
でも斎藤さんは既に五人ぐらい斬ってたよね確か。

後小鈴ちゃんは強いなぁ。
でもほんとのこと言ってるよな、小鈴ちゃんって。
金に物言わせてさぁ。。。

「舞妓は黙って酌してろ」っていう芹沢さんも芹沢さんだけど、
小鈴ちゃんは「私たちはおもちゃじゃない、心がある」って格好いいなぁ。

龍之介は出てけとか一員にならないかとか大変だなwww

このときに局中法度と体制が出てきますねー。
土方さん怖いなぁ。

「切腹申しつける」かぁ。
局長も副長もみんな切腹という厳しい法度だけど、コレがあったから良かったのかも。
「厳しすぎる」と言う意見と「しょうがない」と言う意見の二つに割れるし・・・。


その後の食事中もうるさいし。
ご飯の取り合いとか近藤さんは農家のことを考えろって言ったりいろいろと。

でも一くんの食事を取ろうとする龍之介くんは命知らずだよね、、、

あ、あと総司はかなり芹沢さんに影響受けてるなぁー
薄桜鬼の総司は人斬りたい人斬りたいうるさい。。。
そんなに感情的になったらどうなるか分からないけどね、後から・・・・・・。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE