FC2ブログ

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

裏語薄桜鬼 暁の調べ ~坂本龍馬√~

 正直このエンディングはなしです。薄桜鬼の土方√を求めるのがいけないのですかね。
坂本は幕末の中でもかなり人気なので、土方√のような話を期待していました。
でも、近江屋事件が無い、と言うのはおかしくないですか?
寺田屋はあったのですが。
もしくは、まだ近江屋まで行っていないという設定なのでしょうか……。

どちらにしろ納得のいかないエンディングです。
久坂ルートみたいに甘いシーンも少なかったし……。

後はやっぱり持ち上げすぎ。
薄桜鬼ってこんな話だっけ……って思いました。
淡々と話される史実の中に混ざるラブシーンが印象的だった私としては梢ちゃんが「龍馬さんは凄い」ばかり言ってて食傷気味な部分がありました。 

良かった点
薩長同盟が中岡慎太郎発案になっていたところ。
坂本が発案したとなっている小説やドラマも多いので・・・。

勝先生が坂本のおでこに「うるさいっ!」って扇投げつけたところは笑いました。
しかもクリーンヒット。
勝先生の梢ちゃんには優しいけど、坂本には厳し優しい感じで良いですね。
勝先生と龍馬の関係も割と好きです。





「龍馬は蝉が全部息を吹き返したよりやかましい」とか面白い(笑)
この二人の会話聞いてたら「あー目の前に勝先生と坂本がいる」ってずーっと思ってました。

梢ちゃんが操練所で船扱ったり剣術指南してるところは好きです。

全体的な感想としては、一つ一つのシーンは良かったのに、話になると長くてつまらない。
性格は男気の溢れる、あ、いいなと思えるようなキャラですね。
台詞が本格的な土佐弁だということもプラスなのですが、他のキャラクターがそこまでなまってないのに、
坂本龍馬だけなまっていて良いの?と言う感じです。

梢ちゃんと坂本はあの後世界中回って結婚するのかなぁ……。
あんまりお似合いって感じはしないなぁ。
久坂と梢ちゃんはすっぽり当てはまるんだけど。
スポンサーサイト



裏語薄桜鬼 ~暁の調べ~ 久坂玄瑞-3

裏語薄桜鬼 ~暁の調べ~ 久坂玄瑞ED1終わりました。
羅刹になる=死ぬ、なので、羅刹後は全て創作となります。
全く期待していませんでした。
「裏語薄桜鬼」の中では今のところ一番好きなシナリオです。
前回の裏語薄桜鬼が史実も何もない話だったので、今回全く期待していなかったのですが、
久坂が死ぬまでは史実通りでした。

勝先生も先見の明があって、設定は史実通りな感じでした。
前回とシナリオライターが変わったのか、久坂だけがこのようになっているのかは分かりませんが、本当良かったです。

薄桜鬼らしい話と言うよりも、このままアニメでみたいと思える様な話でした。



プレイ順予定(久坂→坂本→グラバー→高杉→中岡→桂→岡田→武市→山縣→伊藤)

禁門の変の時、幕府軍は薩摩の援軍含めおよそ3万、対する長州軍は2千。

「長州を、この国を頼む」
このセリフはなんだか切ないですね~。

「晋作から預かった6文は返せそうにない」
この6文という金額は、三途の川を渡る船代だという言い伝えがあるそうです。

そして、「松陰先生の元へ参ります」このセリフ……。
久坂らしい言葉ですね。

その後、梢のことを思い出し、懐から落ちてきた変若水を飲みます。
蛤御門から戦場を抜けたとき、「砲弾の音がしない」「薩摩の西郷」ここが切ない……。
ダイレクトに亡くなったとは一言も言っていませんが、「薩摩の西郷……」の一言が、「来島さんたちが亡くなった」ことを端的に説明しています。

彼女に話す際、久坂は自分のことをずっとなじって卑下していて、なんか、久坂らしくないなぁってずっと思ってました。
でも、人間ではないから、と彼はずっと言っていた。
梢が怪我をしているのに気がついた瞬間、普段の久坂に戻るところなんか切なかったです。

「心は変わっていない」という点が……。

裏語 薄桜鬼~暁の調べ~_0387

裏語 薄桜鬼~暁の調べ~_0390

しかし、残酷にも吸血衝動が彼を襲います。
その中でも羅刹になってしまった人を救うという志と倒幕を果たそうとする志、
梢を傷つけないという強い意志は変わりません。

その後、しばらくしてから江戸へと向かいます。
江戸へと向かう理由は、
「自分を死んだことにして藩邸には行けない」
「勝海舟に会いに行く」
です。

勝先生は桂小五郎や西郷隆盛といった薩長と交流があったので、
勝海舟だったら久坂のことも見捨てることはできないでしょうね。

久坂の「体は人でなくなっても心と志はまだ人でいたい」という回想が苦しい。
その後の二人の決意も、「ああ、この二人はもう変わらないだろうな」って素直に受け入れられる。

そして、勝先生との会談。

裏語 薄桜鬼~暁の調べ~_0470

裏語 薄桜鬼~暁の調べ~_0471

「勝先生さすが」としかいえません。
途中で自分が勝だと名乗り、それまでの様子から人となりを伺うという手法……。

しかし久坂……。
「羅刹は幕府の切り札。それを倒すためには、羅刹のことを知らねばならない」って……。
相手は幕臣なのにそんなことを言っていいの!?って感じですよね。
でも、勝先生は非常に柔軟な頭脳の持ち主なので、大丈夫でしょうね。

返答は「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」
このとき既に覚悟は決めているとしか思えないセリフ(実際幕府を倒せと西郷に言った記録がありますが……)
勝先生は「有望な若者を見ると試したくなる。もちろん許可する」と。
さらに久坂自身が羅刹で有ると告げて尚、「場所の提供」までしてくれるとはなんと心の広いお方ですか!!!

裏語 薄桜鬼~暁の調べ~_0502

裏語 薄桜鬼~暁の調べ~_0503

すうっと心に流れしみ行く言葉を述べる先生。
このあたり、本当好きです。

その後しばらくは羅刹の研究に入ります。
そんなある日、接近スチル有りました。
本を倒してしまった梢ちゃんを助ける久坂。
素敵な二人です~♪

裏語 薄桜鬼~暁の調べ~_0520

その後「羅刹の吸血衝動を抑える方法」
来ました!!!

綺麗な水と新鮮な空気……
これは、労咳(結核)の療養の方法と同じですね~。

でも、幸福な時間はつかの間。
勝先生から長州の危機的状況を告げられます。

長州内部が「攘夷派と俗論派でもめており、藩は俗論派が実権を握っている」こと。
「高杉晋作が藩の政務役を罷免された」こと。

政務役=役人の任免や藩士たちの賞罰の決定等の権限がある藩主直轄の重要職
今で言う会社の専務取締役なんかがこれに当たりますね。

悩みながらも長州行きを決め、二人は長州へ向かうのでした。

長州へ行ってからは、功山寺が見渡せる林で晋作たちの挙兵の様子を見守ります。
元尊攘派の羅刹と現尊攘派同士の戦い。

身内同士の殺し合いは武市も心配していました。
それが目の前で起き、かつ高杉たちが危機的状況にあり、久坂と梢は助けにでます。
ここは長かった……。

途中の晋作の発作が切なかった。
ああ……もう結核だったんだ、って。

無事、高杉たちが圧倒的不利を覆して勝利を収め、以後長州は倒幕へと突き進んで行きます。
久坂がそこにいたことは誰も知りません。
でも、そこにいた。

このルートは最初から最後までメインシーンのほとんどがじんときました。

その後、ずっと一緒にいたい、となり二人は四国で医者となりました。
最後のキススチル良かった~!!!

余韻が短すぎて一気に現実に戻ったのが残念でした。
もう少し白バックのシーンを長くして欲しかった。
あそこですぐ「花びらを~」とか入れたのは失敗。
10秒ぐらいしっかり余韻を入れてからの文字にして欲しかったな。

裏語薄桜鬼 ~暁の調べ~ 久坂玄瑞-2

久坂玄瑞と梢ちゃんの二人は、武市さんより、「羅刹」の話を聞きます。

「若変水」という、不老不死の霊薬、なのですが、副作用も強いです。
所謂吸血鬼になってしまうんですね。
ニンニクとか十字架が苦手かは分かりませんが……。

裏語 薄桜鬼~暁の調べ~_0216

梢ちゃんは武市先生に詰め寄りますが、知っていてもなかなか教えることはできないでしょうよ……。
彼女のことを考えるのなら、武市先生が教えなかったのは理解できるのではないか?

でも、その後のこの発言は……。
裏語 薄桜鬼~暁の調べ~_0222

武市は、「幕府がその薬を利用して尊攘志士の粛正に乗り出し、安静の大獄の再現をする。
名のある思想家ではなく、草奔が狙われる」と言っていますね。

その後には、思想も関係なく辻斬りの様に狙われる、とも……。

話を聞いた梢ちゃんは倒幕を決意します。
久坂や高杉晋作、桂小五郎と言った名のある人物たちの同士になるわけです。


ただ、決意をした後、京都三条池田屋で御用改めが起こります。
久坂は、梢が心配しているかもしれない、と彼女の元へ向かいます。
そこで、彼女は長州の一部の人間が、
「京都守護職と支所台を討ち取ること。天子様(天皇)を長州へ連れ出すために御所を焼き払うこと」
の計画を知ります。

久坂は来島たち過激派の説得に何度も向かいますが、交渉は失敗。
長州は内部分裂を起こしていました。

久坂は、「武力をもって京都に進発し長州の無実を訴える」という進発論を、桂小五郎らと共に押し止めていましたし、
朝廷への嘆願が失敗した後も、「今はまだ戦うべきではない」と来島たちに言いますが、失敗。

裏語 薄桜鬼~暁の調べ~_0267

裏語 薄桜鬼~暁の調べ~_0269

裏語 薄桜鬼~暁の調べ~_0271

裏語 薄桜鬼~暁の調べ~_0273

裏語 薄桜鬼~暁の調べ~_0274

裏語 薄桜鬼~暁の調べ~_0278

久坂玄瑞(wikipedia)

このあたりはWikipediaを読むとわかりやすいです。
史実に忠実です。
久坂はあのときには「戦う気はなかった」のです。
彼は「勝てそうにないから戦闘は行わない。朝廷に無実を証明する」とはっきり言っています。
しかし、来島、真木らが進撃の議を表明し、慎重論に同調する者はほとんどおらず、
やむを得ず天王山の陣に戻って戦闘に参加することになります。

梢ちゃんにも「生きて帰ってくる」と約束します。
久坂さんの死亡フラグ立ちました……。

このあたりから久坂さん死ぬし切なかったです。


そして、禁門の変――。

史実では久坂は無実を訴えに行くだけでなく、兵を連れて堺町御門から乱入。
鷹司邸に入るも取り合ってもらえません。最後は、敵兵の放火で燃えさかる鷹司邸で自刃しています。
半穏健派で半急進派と言う微妙な立場の久坂。
あそこで死ぬのは犬死にな気がして仕方がないです。

裏語 薄桜鬼~暁の調べ~_0323

ここの炎の絵が何となく綺麗で見とれてしまった……。


薄桜鬼、では彼は羅刹になります。
というか羅刹にならないと話が進みません。

区切りが良いので、ここで終わりで続きは明日書きます。
久坂玄瑞のくせに切ない……。くっそー!!!
久坂玄瑞のくせに久坂玄瑞のくせに久坂玄瑞のくせに久坂玄瑞のくせに久坂玄瑞のくせに久坂玄瑞のくせに久坂玄瑞のくせに

裏語薄桜鬼 ~暁の調べ~ 久坂玄瑞-1

共通が終わり、まず最初に長州藩のところへ行きました。
梢ちゃんの兄の話を、まず高杉晋作、伊藤博文、山縣有朋、久坂玄瑞の四名に話します。

白髪赤目の新選組対しに殺された梢の兄と奇兵隊の一員。
わざわざ、新選組隊士が長州まで素性を隠して行くのはあり得ないので、何か別の力が働いているのではないか、という話へ変わっていきます。

「白髪赤目の化け物の正体」が一体何か、という疑問が残るまま話は進み、
私は久坂玄瑞ルートを選択しました。
オリジナルの薄桜鬼では途中まで、誰のルートに入るか分からなかったので、こういう形は新鮮です。
うたプリも最初に対象を選択しましたが……。
乙女ゲーって誰が攻略できるか考えながら選択していくのも醍醐味だと思うのだけれど……。


脱線しましたが、久坂ルートに入ったら聞かされる「富国強兵論」
これは長州の高杉とか桂とか久坂とかあのあたりが考えていたことですね。
おおざっぱに言うと、「国の財政を強化。自国を守れる様軍事力を強化する。そして、国のさらなる発展を目指す」と言う考え方になりますね。

その後、久坂さんが梢ちゃんのことを「強い志と信念を持って生きている女性」と評価。

裏語 薄桜鬼~暁の調べ~_0146

第二章では、梢ちゃんが老人を助けます。
武士気取りの浪人風情が老人にぶつかった時、浪人が老人に怒鳴りつけます。
こういう流れは時代劇で割と頻繁に出てきますよね。
武士が子供とか老人にぶつかってお前ぶつかってきた、謝れ、って……。

結局助けに入りますが、久坂さんに助けられます。
これは乙女ゲーの真骨頂ですよね。
ピンチの時に男性が助けに来る!
最高のシチュエーションですよ。

裏語 薄桜鬼~暁の調べ~_0157

裏語 薄桜鬼~暁の調べ~_0150

裏語 薄桜鬼~暁の調べ~_0161

下二つ、長州の奴らに聞かせたい。
久坂も長州ですがね。
武士としての生き方、を叩き込まれていない武士気取りの人たちが、
「自分は武士だ」と傲り傲慢な態度を取っていたらしいですね。

親睦会に誘われ、中岡慎太郎登場。

裏語 薄桜鬼~暁の調べ~_0170

高杉と久坂は待たしても吉田松陰先生の話。
「死して不朽の見込みあらばいつでも死ぬべし。生きて大業の見込みあらばいつでも生くべし」
この言葉は割と有名ですよね。
改めて読んだのは久しぶりでしたが……。


松陰先生の話の後、押し倒しスチル来たああああああああああああ♪
裏語 薄桜鬼~暁の調べ~_0192

しかもここで一緒に倒幕してくれはないと思う。

帰宅時、羅刹登場。
あの岡田以蔵でさえも苦戦する羅刹。

武市が以蔵に「白髪赤目の男を殺せ」と命令した理由は?

それは……武市が「羅刹」の存在を知っていたから。
変若水について、羅刹の体力と強靱な肉体。
そして、副作用について……。

話を聞かされた後、梢は倒幕を決意します。
「非道な実験をよしとする幕府を、一日でも早く倒す」と梢に納得させる方法で言うのはさすが玄瑞と行ったところか――。

中途半端になりますが、これで失礼します。
史実の久坂を知っていると、このあたりから切ないです……。

裏語薄桜鬼 ~暁の調べ~ プレイ記

「黎明の轍」から、先にプレイ開始しました。
だってこちらには私の大好きな伊藤博文がいますからね←

本編の方はあまり好きな志士はいません。
ただ、伊藤博文目当てで買いました。

主人公ちゃんが初めて丹虎へ行ったとき、土佐藩士たちが
、尊皇攘夷運動で諸藩の後塵を拝していたと言っていたけれど、、、
土佐ってずっとそんな感じですよね。

薩摩と長州の後をしっかりつけている感じです。
武市先生は、「幕府などに日本を任せておけない」としっかりといっていますが、
彼の頭の中には明確なプランが有ったのかな?

長州は恨みだけで突っ走って結局プランとか何もなかったですよね。
だから遙か5でもパークスに「長州には近代日本を作るためのプランが何もない」とはっきり言われてしまうんですよ汗
あの瞬間私は全てを納得しましたよ。

薩摩と長州の違いはここか、とね。
土佐は政争が盛んだったとは言っても、武市が捕らえられて収まったイメージがあります。
人物は割といるんですけど、どこか存在感が薄いのは武市のせいもあるのかな?

その後武市さんは新選組の土方歳三の恐ろしさを知らない、とはっきり言っていました。
でも、あなたと一緒にいる赤毛の男も無愛想で空気になってて怖いのですが・・・。
しかも梢ちゃんが「お茶をくれ」と言ってもなお武市先生を見るなんておかしい。
お前どこかおかしいよ!

梢ちゃんを送ってあげるときも「…………」って無愛想なヤツだなあ。
気配を察知するためしょうがないのか?
人きりなので、刀の実力は異常にありますが、やっぱり怖い。
さすが岡田以蔵と言ったところです。

その後無表情で「何してるの、立って」ってお前!!!
梢ちゃんのこと考えてあげなよ。
こんな姿見たら恐怖で立ちすくむ……。
ギャアギャアとでかい声で騒ぐ人間よりも、冷静沈着にああいう言葉を告げる方がよほど怖い……。

ちなみに、私の中の以蔵像は裏語薄桜鬼がかなり近いです。
女に興味もなければ、自分の感情もほとんどない。
殺したときも何も考えずにその場を後にし、只自分の感情と武市の意志にのみ聞き従う。

次の日の朝、桂さんに稽古をつけて貰います。
梢ちゃん相変わらず可愛いです。
しかし、女のくせにあそこまで腕に覚えあり、とは思わなかった。
でも以蔵に稽古して貰うのは嫌だな。
桂さんも相当粗そうなイメージ有るけど、指示は的確だし、やっぱり桂さんかなぁ……。

第四章では、高杉の奇兵隊総督就任祝いと言う名の飲み会。
たくさんメンバーが来ました。
高杉、桂だけでなく、伊藤博文、山縣有朋、久坂玄瑞、グラバー、武市半平太、岡田以蔵って……。

しかし梢ちゃん、桂さんとグラバーには「大和撫子」 高杉さんには「なかなかの上玉」って言われてなんなのっ。
食道楽の久坂さんには「料理がうまい」言われてるし……。

その後吉田松陰の話です。
彼の話は皆さんいろいろとしてますね。
でも全員が「彼の門下生であったことを誇りに思っている」
と言うのは珍しい。
生涯松下村塾門下生だと名乗っていた人も凄く多いんですよね。


そして、やっと分岐……。
長州√に入り興味のない久坂から行ってきます。

| ホーム |


 BLOG TOP