FC2ブログ

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

第34話 見つめ合って。

今日のBS歴史館は「桜田門外の変」でしたね。

桜田門外の変は安政7年3月3日に起きました。
井伊直弼は、非常に能力のある大老だったと思います。

ですが、独裁者。

嫌われても仕方がないのかもしれません。


「日本の開国」と言う大きな改革をしたけれど、
将軍継嗣問題では改革に乗り出さず、南紀派でした。
また、自分に反対する人物を安政の大獄で謹慎・死刑にしたという鬼の面も持ち合わせています。

井伊が安政の大獄を行った理由は、日本の考えを「開国」「南紀派」という考えに纏めたかったからでしょう。

開国に関しても、イギリスやフランスが日本に攻めてきて植民地にされるかもしれない、と言う
強い不安があったと言われています。

世界情勢や日本のことをよく分かっていたから、開国して日本の国力を上げた上での
出来れば攘夷、と言う考えがあったのでしょう。

続きを読む »

スポンサーサイト



読書記録とか色々と歴史語り。

今日は新選組の日ですね。

入京後、「攘夷集団」と位置づけられ、朝廷傘下の兵力にするために画策する清河八郎ですが、

13名であれば、試衛館派と水戸派
24名であれば、試衛館派と水戸派に加え、殿内派(と便宜上言います)は
残留の意志を伝えます。

そして、文久3年2月27日に、新選組の前身となる「壬生浪士組」が結成されました。

この日から丁度150年。


新選組は歴史を動かすようなことは出来ませんでした。
ですが、「新選組」という組織の形は、
それまで二五〇年間、日本人の中に培われてきた「士農工商」の身分とは異なり、
実力主義の社会でした。

250年前の明確な身分格差があまりなかった時代に戻ったと言うことも出来ますが、
幕府の身分制度に縛られない新たな集団、と言うことも出来ます。

それだけ近藤や土方は自分たちが「士農工商」の「農」であることに憤りを感じ、いらだちを感じ、
実力で周りを認めさせたいという勝ち気な想いが強かったから、ああいう集団になったと私は思っています。

主な仕事は京の治安維持、と言うことで、そんなに華々しい活躍をすることは無かった新選組ですが、
戊辰戦争時、最後まで戦い続けた彼らの「誠」の心は強かったと思います。

負けると戦って尚戦い続ける隊士達を私は責めることは出来ない。
がむしゃらに、ぶつかっていったんだ。戦っていったんだ。

華々しく散ることは出来なかったかもしれないけど、確かにそこに隊士達が生きてきたのは史実なのだから。




新選組、素敵な集団ですよね。
何度勉強しても、何度調べてもやっぱり最後には好きになります。

幕末の幕臣。
素敵な人が多いですよね。
何度勉強しても、高い実力と政治力を持った人たちが多いですよね。
ただ、旧幕府軍は、全体的に運が悪いですよね。


軍隊の中心だって戦嫌いで、実戦慣れしていないですし。
勝海舟も榎本武揚も現場指揮は苦手だし、と言って良い現場指揮官がいるかって言っても特にいないし。

作戦を立てることは出来ても、実行するのは他人任せ・・・としか見えないです。

あの二人は大好きなんですけどね・・・;

続きを読む »

第三十三話 「あなたを知りたい」

昨日は図書館に行っていました。


色々と借りてきたんだよねー


会社から図書館近いから昼休みに行けて良いわ~www




最近結構読書してます。


幕末系が多いけど、そろそろ幕末以降の歴史に移動したい・・・。


ただ、移動できない。


幕末難しすぎるややこしすぎる。


考えの違いで全てが変わってしまって切ない。

続きを読む »

☆大鳥圭介 生誕祭記念☆

今日は、旧暦で大鳥さんの誕生日です。


大鳥圭介さんは、


天保4年2月25日に生まれ、若い頃は
・閑谷学校で漢学、儒学、漢方医学
・適塾で蘭学、西洋医学
・江戸ではジョン万次郎に英語
を学びました。
戊辰戦争時には徹底抗戦派の一人で、函館まで戦いますが降伏し投獄されます。

明治維新後は北海道開拓使や外交官として活躍、男爵を授けられました。

大鳥さん大好きですっ。



昨日一昨日買った物ですよ。


1361797834645 (1)

土方さんの・・・ドラマCD的な物です。

1361797916402.jpg


佐江ちゃん//////
佐江ちゃん大好きですよ。
ついったーのアイコンも佐江ちゃん


1361797882954.jpg

ヘタリアですおー
三巻だけ何故か持っていなかったからね。

1361797938734.jpg

気になってたから買ったの!
ゲート!

買うよ!!!

続きを読む »

色々と。。。

昨日、高杉晋作について調べていました。
奇兵隊を創設した彼ですが、ものすごく差別主義者だったと言われています。

奇兵隊には百姓や町人、商人もいたと言われていますが、
「無理やり入らされた」と言った人物も多く、また有能であっても
「百姓だから」と良い立場に行けなかった人物も多いらしいですね。

その中には差別主義者、と言う高杉晋作自身だけでなく
萩の田舎侍の集団と思われるのが嫌だったのもあるかもしれませんのでよく分かりません。


他にも、実力と志さえ有れば誰でも入隊できる新選組など色々ありますね。


やっぱり幕末といえど看板に偽りあり、実は嘘だったと言うことは多いですよね。



幕末史の嘘 的な本を読んだけど色々と出てて面白かった。

またああいうの読みたいな。



つづきから最近の購入物品色々と♪

続きを読む »

第三十二話 貴方を知りたい

「幕末志士の恋愛事情 邂逅編」読んだんだけど、


あんな小娘を助けに行く必要は一体どこにあったのだ?


あの時代、治安の悪い京で小娘一人を助けに人が動く・・・と言う事はなかなか考えにくい。

あと、慶応2年だよね、何で武市さんと以蔵はいるの?
史実では慶応元年に亡くなってるはずなのだが・・・それは突っ込んだら駄目なのか?

もう一つ言うと小娘、お前歴史知らなすぎじゃない?
普通高杉晋作とか桂小五郎って知ってるだろうし、慶応○年と言われたらいつ頃か分かるだろうし(それは無理かな)
中学だか高校だか知らないけど通ってる間に学んだことは一切役に立ってなかったってことで良いのかな?

志士が小娘に興味を持って守ろう! って思うまでの理由も非常に弱い。
足手まといにしかならない女一人守る理由なんて彼らには全く無いはず。

むしろ女がいると言うことで士気が下がったりもあるかもだし、
藩邸にいようとどこにいようと不逞な輩はいるだろうから襲われたりとか有るでしょ普通に考えて。


突っ込みどころは多かったけどおもしろかった。
ゲームの方が好きです。

ゲームでは高杉さん! 高杉さん一筋で高杉さんを必死に攻略してます♪


続きを読む »

第三十一話 明るい世界

今日始めてブログをスマホで見たんだけど見にくいねどうしよう・・・。






そうそう、今日はテレビドラマ「燃えよ剣」を見てましたw
仕事終わって作業しながらひたすらに燃えよ剣。

新選組がいい男集団に見えてきます。


もう一度言います。


いい男集団に見えます。

みんなイケメン過ぎるよ!!!


後ねーとりあえず、十三支演義!
早くプレイしたい。
薄桜鬼の土方ルートクリアしたらプレイします。


そいや余裕がないと勝てないよって言われたんだよね。
十分に余裕はあるはずなのに、無いように見えるらしい



それってどうなんだよwww


続きを読む »

第三十話 くも

もうすぐ大鳥さんの旧暦での誕生日ですね。

私の小説も勝さんルートにもかかわらず、今は大鳥さんメインとなっています。
私の中で話は完結しているので、もう少し広げながら徐々に収束に向かって行ければと思っています。

予定よりも心理描写を細かく書きすぎてしまい、話が更に延びそうです。


今日は仕事終わってから岩倉さん大好きなゆうちゃんと出かけて来ましたよ。
ゆうちゃんの岩倉さん話は止まらなくて聞いてるこっちも焦ります。

そして、そんなゆうちゃんが私に見つけてくれた本はこちらになります。

1361278130599.jpg


それ以外にもDVDと十三支演義も届いた!
やびゃびゃびゃびゃ;
何かみんなして私を餌付けしようとしてる???←ごめんなさい



何かやりたいことは増えるししなきゃ行けないことも増えるし充実半分疲れ半分って感じだったりしてます。


僕らのあしあと

後、この曲めっちゃ幕末思い出した!
サビとか本当に……;

みんなどこかで誰かに裏切られていて、捨てられていて、
その中でもがむしゃらに自分の与えられたことを必死に行っていく志士たちと

サビの部分が重なった。



とりあえず薄桜鬼土方ルート終わったら薄桜鬼黎明録しようかなでも薄桜鬼全ルートプレイしたいな・・・。


土方さんルートで千鶴ちゃんが辞令を破り捨てるシーンが好きです。
大鳥さんに頼まれたからじゃない、土方さんに権力があるからじゃない、
私の意志なの、って言っていて。

史実だったら土方ルートの千鶴ちゃんは市村鉄之介さんですね。
入隊時に元服していたかどうかも分かっていない少年です。

千鶴ちゃんと一緒であまり戦っていなかったと考えられています。
もし、千鶴ちゃんが帰れと言ったときに帰っていたら、鉄之助君のように遺髪や写真を託されていたのでしょうか。
いやでもそれは黎明録の龍之介君かな?

つづきから本編


続きを読む »

第29話 貴方のことも

勉強してもしてもしてもしたり無いと感じるときがある。


上を見たらきりがない、下を見るのはバカ、前を見ていれば成長しない――。
だったら、どこを見ていれば良いのだろうか?

今日は大鳥さんと土方さんについて。

大鳥さんと土方さんは良く仲が悪かったと言われています。

それはおそらく大鳥さんは兵学があったけど実戦経験が無かった
土方さんは実戦経験は豊富でも兵学はそんなに無かった。

この違いで些細な言い合いなどをしていたからかと考えるのが妥当かな、と。
そりが合わなかったことはあるかもしれませんが、仲が悪かったとは思えないんですよね。

土方さんは大鳥さんと会ってから少しずつ丸くなっていったと言う話もあります。

碧血碑(旧幕府軍戦没者慰霊碑)も大鳥さんが建立したましたし。


仲が悪かったと言うよりも些細なことや作戦などと言った考え方の違いで差異が生じ、
言い合いを良くしていたため仲が悪かったと伝えられているのではないでしょうか。

近藤さんと大鳥さんや榎本さんを重ねていた部分もどこか有るでしょうし……。


後、本当に仲が悪かったのなら、大鳥さんと出会って土方さんが
冗談を言ったり酒を振る舞ったりと鬼の副長とは違った一面を見せたりすると言う事は少し考えにくいです。
もしかしたら戊辰戦争という場所ではなかったら仲良く酒を飲み交わしていたりするかもしれないですね。


お二人にどういう経緯があったのか見ていない私たちには分かりませんが、想像が広がる二人の関係です♪


続きから本編。


だるい話トロイ鬱陶しい動かない



続きを読む »

戦利品色々&幕末語り

1361093667789 (1)

榎本さん関連の本・・・と言うか雑誌?
日本の100人は知っていることも多く載ってるけど概要知るには良いですね。

勝さんと榎本さんは、一応元の関係に戻ったらしいですが、
戊辰戦争以前と以降ではだいぶ違う関係だったと思います。

勝さんが榎本さんに言った「お前さんも随分偉くなったもんだね」とかを見る限りでは、
長崎にいた頃の良き先輩後輩であり兄弟のような関係であり、というのは無かったでしょう。


1361093778572.jpg

おすすめと言われて買ってみました。
これから読みます。

幕末志士の恋愛事情はゲームは最近始めて大好きな高杉さんルートを攻略中だったりします。

1361093729331.jpg

中古で安かったから買いました。
ただそれだけです。
新選組が出ているみたいなので楽しみですがラノベは薔薇のマリアと半分の月がのぼる空ぐらいしか読んで無いので、
ラノベの文体になれるかなぁと言うのが疑問。

1361093810613.jpg

人斬りお優を描くときの参考として、岡田以蔵を調べているため買いました。
冷徹な人きりがふと人間に戻る瞬間とかを上手く描けるようになりたい。

右は薄桜鬼のバッチです。
限定品らしいです。

自分で作ったポーチか何かにつけようかと考えています。

あ、ポーチと言ったら会社のデジカメポーチ作らなきゃ(焦)


つづきから色々と


続きを読む »

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

二十八話 貴方に伝えたい。

今月中には幕末辞書公開します。
絞り込みが難しいところで……。




頭文字and人物検索とかが出来ない。



後は画像探してこないと……。

事件もまだ入っていないのが多いのですが、今月中には主な事件と戦いは公開できると思っています。

その代わり手は死にそうですがw



でも、他にもすること有るし・・・



そうそう。
本買ったのよ。

多分今日明日には到着すると思う!
・幕末志士の恋愛事情 邂逅編
・恋華草紙 (上) 幕末恋華・新選組 短編集 / 館山緑
・恋華草紙 下 ~幕末恋華・新選組 短編集~ / 館山緑
・剣鬼・岡田以蔵
・志士っぽいの。
・百花春風抄 風の章
・日本の決意-今こそ吉田松陰の「草莽崛起」に学べ-
・歴史のミステリー No.53
・ 週刊 日本の100人 NO.73



今回はまともだ・・・

後は「薄桜鬼 雪華録~ 春の夢~」イベント限定配布品の74ミリ缶バッジセットを買った^o^


今乙女ゲームなんだけど
・十鬼の絆
・十三支演義
・源狼
・下天の華
・裏語薄桜鬼

が欲しいんだけどどれから買おうか迷ってる。


三国志は曹操、関羽
関ヶ原は豊臣(西軍)側が好き。
源狼は攻略するなら弁慶ルートかな
下天の城は信長秀吉が気になる。
裏語薄桜鬼は高杉さんとグラバーさん!!!
でも、一番好みなのは武市さんなの。
武市さん攻略したい!!!



後個人的に、大村さんと小松さんと西郷さん出るならどんなデザインになるかが気になる
特に大村さん! 大村益次郎さん!


やっぱり頭広いというかおでこ広いというか生え際が後退しているというかそんな感じのデザインなのかな!!!




つづきから本編

話とろい


続きを読む »

第二十七話 それでも、好きでいる。

ツイッターをフォローしている方は知っていると思うのですが、ただいま幕末辞書を熱意制作中で御座います。

後、サイトも少しずつ準備が進んでいます。


やはり、ブログは更新自体はしやすいのですが、見づらいというコメントが有り、
サイトを開設の計画をしています。




そして、幕末関連と言えば、最近、少し倒幕派について調べ始めています。
主は佐幕派なのですが、日本を変えたのは倒幕派なので。
長州藩という藩は本当に凄い藩だと思います。
クーデターを起こした高杉晋作や薩長同盟を結んだ桂小五郎。
早くから開国派となった伊藤博文や井上聞多。
陸軍の基礎を作った大村益次郎や山県有朋。
長州藩は過激な人が多いことでも有名ですが、
個々人自体が中~大物揃いで、幕末維新に尽力した人物が多く集まっています。

やはり長州藩で早死にした惜しかった方と言えば、大村益次郎と高杉晋作でしょうか。
あの二人は確実に新政府に入ってたはずです。
特に高杉晋作は藩論を討幕に傾けるために挙兵、クーデターを起こすも、
大政奉還の直前だったので、新しい世を、望んでいた未来を見ることなく亡くなったんですよね。

大村益次郎に関しても、日本陸軍の基礎を作ったと言われていますが
明治二年頃に亡くなっているので……。

考えると切ないです。

不器用ながらもまっすぐ尊皇攘夷から討幕と行った方向に傾いていった長州藩は、
滅んでいく幕府とは違った美しさがあるように感じます。


でも、やっぱり幕府の方が好きです。
佐幕派はぐちゃぐちゃしていたと言って評価が低いですが、
大きな組織だったので、二つにしか割れなかったのが凄いとも言えます。

明治を見ることなく切腹した人たち、斬首刑となった人たち、戦死した人たちもいれば、
明治新政府に仕官した(半ばさせられた?)人たちも沢山います。

ただ、仕官した人たちは、元幕臣達の恨みも一身に買っていたことが想像できるので、そこは切なく感じます。




要するに勝海舟と榎本武揚が大好きってことです。

続きを読む »

第26話 貴方からの言葉

Takeaki_Enomoto_3.jpg

この榎本さん、格好良いと思いませんか?


軍服姿の榎本さんも大好きなのですが、この榎本さんも好きです//////


いくら顔だけで好きになったのでは無いと言え、やはり顔は重要だなぁと思いました。


よく同じ幕臣の勝さんと色々と比べられていますがら、私はお二人とも素晴らしい方だと思っています。


普通の人は勝さんは江戸無血開城、榎本さんは樺太・千島交換条約の締結しかしてないって思われていて悲しいです。
ただ、ここから見る限りでもお二人は交渉力がものすごく高いことが伺えますね。


勝さんと榎本さんは明治政府に入ることをどう考えていたのか、ここが非常に気になります。



つづきから小説。


勝さん編ですが暫く勝さんはお預けで大鳥さんがメインになります。

過去が一つ明らかに――

続きを読む »

バレンタイン小説☆

フリー小説です。


私が書いたってことを書いてブログのアドレスさえリンクしてくれればお持ち帰り自由


ブログに貼ったりサイトに貼ったりしても良いし




煮たり焼いたりしても良いですよ♪


続きを読む »

第25話 爆弾を抱えたまま、私は

麟太郎さん//////


海舟先生本当大好きです。

土方さんと榎本さんも大好き。


あの三人は私の酸素。

続きを読む »

第二十四話 貴方は私に爆弾を投げつけるのね

久しぶりに榎本先輩&大鳥さん登場です。




色々と事実が明らかになって参ります……。




後10話程度で完結を予定しています。



そしたら榎本編書いて、




書きたくて書きたくて仕方がない「人斬りお優」の連載を始めます♪



「人斬りお優」は

・史実準拠
・主人公は現代から来た人斬り女

勝編×2と榎本編×2かな。


正直ハッピーエンドを考えていない。

続きを読む »

第二十三話 少しだけ、お願いさせて。

幕末が大好き。


大好きという気持ちだけで半年近くぶっ飛ばして来て色々な本とか読んだけど


今思えば佐幕派の本が多いなぁと思い始めました。



私を幕末へ引き込んだ薄桜鬼、と言う作品は何より大切。



表すなら単調な生活に色が出て鮮やかになった感じ。




好きな人は多いので、もっといっぱい見ていきたい。


続きを読む »

第二十一話 優しさはいつも私の心を動かす

あは



ははっ




てへへー

続きを読む »

歴史関係の本とかグッズ紹介♪

暇だから幕末維新関連の本とかグッズとかひたすら紹介します。


薄桜鬼とかも入りますので、注意。

BCbic53CYAAtCUc.jpg

新選組関連の雑誌。
被ってるのも多くてもったいなかったかな?とか思ったり・・・。
雑誌だとある程度色々な人の意見が載っているのでその点は面白い。

BCbix1hCAAAqT69.jpg

幕末関係の雑誌。
歴史人と歴史REALは何度読んでいるかわからないぐらいに読んでる。

幕末維新関連の雑誌は下手すれば討幕側から見た記事の方が圧倒的に多いため注意が必要。

BCbj6ShCAAAAMR2.jpg

戊辰戦争の話。
何故戊辰戦争が起こるに至ったのかよく分かる。
写真とかイラストとか載ってるしフルカラー。

倒幕派側からも佐幕派側からの文章もどちらもあるためおすすめ。
この時京都ではどうだったのか? 江戸では? 薩長はどう動いていた? 幕府は? 
とある程度出ている。

BCbjbkUCQAAGKgc.jpg

新選組隊士録はたまに小説ネタで使ってたりします。
キャラクターが思いつかなかったりするときに役に立ったり。
それ以外でも何となく見てるのが面白い。

一個人の「新選組を旅する」は私が初めて買った新選組関連の冊子。

BCbkinjCIAAAKFP.jpg

氷川清話と新選組顛末記

氷川清話は何回読んでいるか・・・←
ただ、勝海舟、永倉新八両氏とも年取ってからの話なのでどこまでが本当でどこまでがネタなのかが不明。
両氏のファンと新選組のファンは確実に楽しめる。


BCbkIpNCYAEOctg.jpg

幕末勉強するならこれぐらいは読んでおいた方が良い一冊。
薩長土肥と会津(新選組含む)が中心。

何故、薩長がああいう行動をしたのか? 何故会津はああいう行動をしたのか? がよく分かる。
これ読むまでよく分からなかったけどすっと入っていった。

1360251355796.jpg

素人向け+持ち上げすぎな本。

所々突っ込み入れたくなりました。
お前何でそう言う考えならそう行動しない!? 実行力無いの? とか思ってしまって・・・。

1360251413283.jpg

司馬先生の小説。
史実に思ってしまうぐらい、その世界観に引き込まれてしまう。
史実知ってから読まないと危険。

知ってからこんなのでも良いなって思うのが楽しいかな。

1360251860960.jpg

新選組にはまるきっかけとなったゲームのノベライズ。
ゲームの土方ルートはかなり史実準拠。

格好良いだけでなく、泥臭くてどこか人間味溢れる隊士たちが魅力。

千鶴は必要だったのかと言う点が謎だがその点さえ気にならなければ最高。


1360251909825.jpg

「近藤勇」の方はむしろ伊藤甲子太郎が色っぽすぎて伊東を主人公にして小説を書いて欲しかったなと思ったほど。

「歳三、往きてまた」の方は土方さん持ち上げられすぎてる。
小説だからしょうがないのかもしれないけれど、やたら格好良くて色っぽい土方さんが出て来ます。


1360251982073.jpg

「幕末新選組」は数少ない永倉新八が主人公の小説。
最後は泣けます。

「新選組 幕末の青嵐」はかなり史実準拠の小説。視点が次々と変わっていくため最初は読みにくかったが
入ってしまえば一気にいけます。

「地虫鳴く」はあまり有名でない隊士たちの新たな魅力を感じる小説だった。

1360252031280.jpg

うふふ♪
薄桜鬼グッズと土方歳三箸。
この箸使ったらもったいなくて昨年の9月に購入したのですが、未だに開けてもいません。

1360252212338.jpg

新選組の隊服。
私がイメージする新選組の隊服とは少し色が違うのですが安かったので。

私がイメージする隊服は薄桜鬼の隊服のもう少し淡い色。


公開できてない分は今度公開します。
ドンドン罵倒したってw

第二十一話 右手に乗せる理性は左手に乗っても本能にならない

勝さんと榎本さんが出てくるシーンとかってなんでもうひゃあしてる←単純



気がつけばうひゃあしてる。


そのぐらい好き。


考え方とか生き方とか。


続きを読む »

☆私的幕末評価順リスト☆

<上>
・島津斉彬、島津久光、伊達宗城、松平春嶽、山内容堂
・西郷隆盛、高杉晋作、桂小五郎、武市半平太
・小松帯刀、大村益次郎、吉田松陰、緒方洪庵、横井小楠、岩崎弥太郎

<中の上>
・佐久間象山、阿部正弘、堀田正睦、井伊直弼、後藤象二郎、大隈重信、大久保利通、伊藤博文、山県有朋
 小栗忠順、勝海舟、榎本武揚、福沢諭吉、ジョン万次郎

<平均>
・三条実美、岩倉具視、黒田清隆、中岡慎太郎、久坂玄瑞、西郷頼母 板垣退助
 山岡鉄舟、清河八郎、松平太郎、荒井郁之助、佐々木只三郎、土方歳三、井上馨

<中の下>
・伊庭八郎、岡田以蔵、桐野利秋、関鉄之助、大鳥圭介、坂本龍馬、松平容保、近藤勇

<下>
・各隊士、藩兵など。



とりあえずこんな感じ、かなっ



前後入れ替わりはあります。



甘めな部分あり。
好きで点数が上がっている人たち有り。。。


分かってるんだ。





幕府側は<上>に入れないって事ぐらい

第二十話 右手には本音、左手には建前を。

しいちゃんに勧められた海舟語録注文した!


勝先生のこと、まだまだ勉強中です。



知らないことが多すぎて、勝海舟の嫁、なんて言ったら恥ずかしいレベルです。

嫁ですが・・・。


幕末まだまだ勉強中です。


おすすめの本とか有れば教えてください♪




続きを読む »

第十九話 だから、だから。

麟太郎さん麟太郎さん麟太郎さん大好き大好き大好き




大好き。


katsu.jpg


普通に格好良い。



昨日幕末維新志士大物中物小物評価表作った。


見たい人いたら拍手かツイで連絡ください。


公開する、かも、しれません・・・。





つーか勝さんと榎本さんって根本的な考え方(開国or攘夷)は、


二人とも開国で一致してた訳だから、



江戸城の無血開城が決まった後の話がしっかり入念に出来ていたら、


あんな事にはならなかったのかな、って思う。



後、新政府に入ってからは二人とも


幕臣から賞賛されつつ裏切り者扱いされてたし、


新政府内でも肩身が狭い思いはしてたはず。


もう一つ、西郷さんと黒田さんは凄いなって思う。
敵側の将を「素晴らしい人物だ」と認めることが出来る心の広さは私も欲しい。


続きを読む »

第十九話 それは同情?

麟太郎さん、大好き。



1122.jpg


勝さん。


格好良いですよね。


この写真を見る限り見た目は私好みだったりします。

(明治に入ってからの軍服着て髭はやしてる写真は好みではないです)


麟太郎さんは、写真好きだったのかなぁ?


続きを読む »

第十八話 ありがとうとごめんなさいを。

リアルで恋してるからすっと書けた、って有るかも。



新作のエンディングも出来てとりあえずメモしてある状態。



これ榎本編も終わったら新作書く。



新作も勝さん&榎本さん。


ハッピーエンド一つずつと


バッドエンドが二つずつと




共通(バッドエンド)が一つできた。

続きを読む »

| ホーム |


 BLOG TOP