FC2ブログ

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

「人斬りお優」イメージソング &1-3

主人公たちの長崎編 イメージソングです。

主人公 長谷川優子(通称:お優)



黒崎真音さんの「黎鳴-reimei-」という曲です。
アニメ「薄桜鬼 黎明録」のオープニングソングです。
パワフルな歌い方と歌詞を変わっていくお優さんになぞらえてみました。
お優さんと龍之介君はどこか似ているかもしれません。
最初の部分なんてまさにお優さんという感じですね。


そして、この曲


たまぁ~ずPの「いつか笑顔、いつも笑顔」
みんな⇔お優さんのイメージ。
みんな→お優さんでもあるし、お優さん→みんなでもあるんだよ、この曲は。

問題を起こしたくない。
誰かが悲しんでいるのも怒っているのも見たくない。
みんなで笑えれば良いなって言う全員の願望。

人斬りお優、通しのイメージソングもこの曲。
時代によってイメージソングも変わるけど、この曲は全てを通じて。

誰と一緒にいても変わることのない「笑顔」という言葉をこの話では表していきたい。

そして、心の強さも。

揺れ動きながら、それでも前に進もうと足掻き続ける志士たちと、彼らを見て変わっていくお優さんを描ければそれ以上何の幸せもありません。

続きを読む »

スポンサーサイト



人斬りお優 1-2

先ほどまで、BS歴史館を見ていました。
今回は「奇兵隊」と言うことで、幕末です。
長州藩の「諸隊」の一つで、高杉晋作が創設しました。
丁度今年で創設150年の節目となります。

私は、奇兵隊で一番好きな隊長?は山県有朋です。
山県は北越戦争とか会津戦争で苦戦しながらも戦勝し、その後は日本の陸軍の基礎を作ります。

赤禰も凄いけど、理想主義過ぎでした。
奇兵隊と言うより新選組に入った方が良かったかもしれません
(でも新撰組も明治2年に廃止されますし、幕府は瓦解するので変わらないかもですね;)

奇兵隊と新撰組って似ていますよね。
どちらも農民から武士まで幅広くいましたし、差別が多かったり……。


続きから人斬りちゃん。
まだ人斬りでてこないω
誰か私に文章力ください。


続きを読む »

第一章 儚き月の如く

第一章―1です。

読みやすくするために5,6千文字で一区切りとしていきます。
しかし、縦書きで書いている物を横書きで見ると見にくい……。
小説を書くときに一番好きなのは縦書きB6二段組み。


四部構成です。
勝さんや榎本さんが一番活躍するのは三部か四部かと言う所でしょうか。
幕末の歴史がある程度頭に入っていればこれが何年ぐらいとか分かるはずではないでしょうか。

今現在は長崎編です。
煽り文は「もう、引き返せない」

続きを読む »

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

「人斬りお優 ~プロローグ~」

新作、「人斬りお優」を書き始めました。
今回は資料集をいっぱい引っ張り出して書いています。
参考資料が大量に――という状況が予測できます。


主人公:お優(長谷川優子)

<長所>
・意志と芯が強い
・仲が良い人の前では優しく暖かい
・学が高く、政に対する意見も鋭い

<短所>
・人見知りが激しい
・頼まれると断り切れない
・何でも自分の責任にしてしまう
・嫌になると逃げる

最初は怖がっていますが徐々に度胸がついて、人斬りが出来るようになっていきます。
容姿は平均でやや男顔。

メイン男性:勝麟太郎(海舟)

<長所>
・話が上手で人を惹きつける能力が高い
・物事の先を見通す能力が強い
・常に堂々とした態度である

<短所>
・怒りっぽく短気
・我が儘で相手の迷惑を考えない
・自分が一番だと思っている節がある

メイン男性:榎本釜次郎(武揚)

<長所>
・フェミニストで男女ともに優しく接する
・手紙が好きで相手を気遣う手紙を多く出す
・一途で忠誠心が強い

<短所>
・頑固で自分の能力だけで何でもいけると思っている
・見通しが甘く失敗が多い
・学が高くおごり高ぶった態度を示すことがある


今後出てくる登場人物達
・小栗忠順
・島津斉彬
・島津久光
・大鳥圭介
・荒井郁之助
・坂本龍馬
・松平太郎
・近藤勇
・土方歳三
・一橋慶喜
・岩倉具視
・徳川家茂
・三条実美
・カッテンディーケ
・ポンペ
・松本良順
・中島三郎助
・黒田清隆
・ハリー・パークス
・ブリュネ
など

オリジナルも数人出て来ます。
色々な資料を引っ張り出して書いているため大変です><
遅筆ですがなかなか書けないので勘弁してください。
そして長くなることも多いですがそれについても何も言わないでください。

続きを読む »

新選組 PEACEMAKER

主人公は土方歳三小姓の市村鉄之介です。
正直鉄くん、動かされまくって可愛いです。
鈴の方も嫌いではないし、小夜も嫌いではないです。
小夜の「変わらないで欲しい」だっけ、あそこ好きだなぁ。

個人的には稔麿が好きです。
稔麿は自分が悪いと思われても大丈夫なのかそれとも何なのか……。
新選組が本当にここまで吉田稔麿を追っていたか、については分かっていません。

桂や高杉は追ってただろうと考えられますが。。。


鉄くんは、可愛かったり鬼になりたいと言ったり剣術の稽古をしたり失敗したりとにかく何かと可愛いです。
私は原作の漫画の鉄くんの方が好きです。
ピスメ読み直したいなぁ。。。

でも、ピスメって確か未完なんですよね……。
鉄くんの最期まで書き上げて欲しいよ。。。。。。

鉄くんが主人公という小説や漫画は非常に珍しいんですよ。
新選組で主人公の話となれば、近藤勇、土方歳三、副長常勤(主に沖田)なので・・・。

そして、鉄くんは池田屋に・・・

本当に大人になったなぁ、と。

鉄くんにしろ鈴にしろ恨みだけじゃ何も進まないんだよ。
最後鉄と鈴、結局斬り合いにならないでしょ。

自分たちの中ではっきりと答えが出たんだろうね。
アレはきっと鉄が斬りたいなら斬れ、って言ったそれだけじゃないでしょ?

鈴はその言葉で興ざめした部分もあるかもしれないけど、
それだけで殺さないって決めたとなれば単純だよ。

あの時代じゃなかったら鉄と鈴は友達になっていたと思う。
みんな新選組が憎い、長州が憎い、薩摩が憎い、会津が憎いって言い合ってた時代だから・・・。
憂国の志士たちが互いに憎み合ってた。
ふむむむむ・・・。



そして、明日というか今日は新たな本の開拓をしたいです。
小説とか漫画とか色々と。
幕末以外も含めて、です。
ここ最近幕末ばかりだったので、それ以外の本も読んでいこうかな、と思っているところです。

とりあえずは溜まっている本を片付けますが・・・;

読書メーターに読みたい本ばかりが登録されていきますω
みたい映画も多いのですが、本の方が好きです。

最終話――

最近、毎日のように誰かしらから本を借りています。
余裕とかそう言うのはどうでも良いんですよ。
正直本読んでられたら落ち着くし……。

疲れませんか?とか聞かれるけど、疲れるんだったら本とか読んでいません。

一時期若干幕末から離れていましたが、また幕末ブーム来ました。

小松帯刀が好きです。
もっと評価されて欲しいと思います。
私は縁の下の力持ちや立ち回りが上手く行く人が好きなのでしょうか。
勝海舟や榎本武揚もそんな感じのタイプですし。
(他の人がなんと言ってもこの二人はそっくりだと思います)

小松帯刀も華々しい活躍をしたわけではありませんが、外交等で活躍をしています。
グラバーやパークスと交渉したのは有名ですね。
それ以外にも日本初の新婚旅行をしたと言われています。
(ただ夫婦水入らずではなかった模様です)

もったいなかったところと言えば34歳で亡くなった所でしょうか。
明治になってすぐ亡くなっています。
長生きしていたら日清、日露戦争後の交渉にも当たっていたかもしれませんね。

後、なかなかのいい男だったみたいですね。
薩摩藩の方では一番好みの顔です。

00072_l.jpg

この人恋愛ゲームで攻略したい←
遙かやろうかな。
遙か5に確か小松さん出て来たよね。

幕末の恋愛ゲームの攻略キャラ
いい加減
・坂本龍馬
・高杉晋作
・桂小五郎
・土方歳三
・沖田総司
この辺り飽きました・・・。

攻略したいと言えば
・勝海舟
・榎本武揚
・伊藤博文
・山県有朋
・小松帯刀
・西郷隆盛
・黒田清隆
・大鳥圭介

辺りでしょうか。

ちなみに長州藩では、伊藤博文が一番好きです。

00118_l.jpg

伊藤さんの写真はこれが一番好きです。

でも、幕臣の方が好きなのは相変わらずです。

続きからえんど。。。

うん……。

もう無理無理書いたって感じなんだ・・・。

続きを読む »

借りてきた!!!

1366210053613.jpg

新選組刃義抄 アサギ 1~6まで借りてきました!
後、剣鬼・岡田以蔵読み始めました。
以蔵さんは人を斬る→女を抱く をリピートしているイメージしか無い、と思っていたら、
この本でもそう言うキャラクターになっていました。

やっぱり以蔵ってそうですよね。
朝に読もうかなw

明日には読み終わって司馬遼太郎の「峠」を読もうかなと思っています。
でも「幻の宰相 小松帯刀伝」を図書館で借りていて、それが19日までなのでそれを先に読もうかな。
薩摩藩はあまり好きではないですが、小松帯刀と黒田清隆は好きです。

今日も図書館行ってきて土方歳三と佐久間象山の本を借りてきました。
でも、峠が読みたいです。


securedownload.jpg

新作のプロローグも思いつきましたし、連載中もEDまで書けた、と思います。
主人公ちゃんのイメージは宮澤佐江ちゃん。
主人公の御相手というかなんと言いうかは勝さんと榎本さんです。
それ以外にもオリジナルキャラいます。
幕臣出まくりです。
新選組とかも少し出ます。
薩長土もでます。
話にはあまり関わりないです。


そして、「薄桜鬼 土方歳三ルート」ですが、ある程度史実に忠実だったのでは、と思います。
仙台城とかあの辺はだいぶ違いますが……。
個人的には宮古湾海戦や二股口の戦いをもう少し描いて欲しかった。
後やっぱり榎本武揚の出番はもう少し増やして欲しかったし、勝海舟は名前しか出てこなかったので残念でした。
アニメ版でもあの二人の出番は・・・なので、薄桜鬼幕臣ルートはまだか、と未だに思っています。

裏語薄桜鬼も良いのですが、
佐幕派である新選組をあそこまで綺麗に描いた後に倒幕派である薩長土を描くのは難しくないでしょうか。

そこはやっぱり幕臣で!
勝さんとか榎本さんと恋愛を是非!!!
それに幕臣だったら主人公は千鶴ちゃんでいけますよね?

katsu.jpg
この人とか・・・

00039_m.jpg

この人とかを・・・

攻略したいって思ってる人はきっと多いはず。

Matudaira_Katamori.jpg

この人なんかもっ//////


想像するだけでときめきます、が・・・出そうな雰囲気はないですよね。
とりあえずは「薄桜鬼 懐古録」に期待でしょうか。
多分でないとは思いますが。。。。。。


カップリングなりきり100の質問 榎本武揚×みぃ 薄桜鬼クリアほか

「BIANCA」
管理人:南斗あきら様 より、お借りしました。

大好きなみぃちゃんに勝手なプレゼントっ!!!
色々なの書いてるけど、やっぱり榎本みぃは譲れない。
でも一番は勝みやこ。

夢の中でぐらい幸せにいさせてよ//////

そして、今日、薄桜鬼の土方ルート終わらせました!
土方さんは相変わらずイケメンでした。

会社でうわあああああってなりました。

iphone_20120308230656.jpg


このスチルが本当に好き!!!

詳しい感想はスチル見ながら後ほどゆっくりと書いていきます。
スチルは5枚ぐらいだけ集まらなかったです。
多分羅刹シーンです。
後第四章は何故か集められていなかったので、そこもかな???

とりあえずスチル素敵すぎるよ!!!
黎明録の土方ルート→芹沢ルート行くかどうするか迷いちゅう。

他にも幕末本とか小説とかの感想もゆっくり書きたい。。。

サイトも作ってるんだけど、なかなか時間がないです。
はい、ないです。
本も溜まってるし映画とかゲームとか溜まりすぎだwww
せっかく色々な人から色々と貸して頂いても見る時間がない><
ありがたいんだけどねぇええぇぇぇえええ。。。

土方ルート終わったしこれから何ルートしようかな。
黎明録もしたいし、遥かも十三支演義も有るからなw
へへへwww

遙か5は小松帯刀が楽しみです。
高杉晋作やアーネスト・サトウも良いのですが、やっぱり小松帯刀が好きです。
小松さんんんん
「裏語 薄桜鬼」には小松帯刀、出てくるのかな。
裏語はグラバーが楽しみです。
グラバー好きです。



続きから榎本みぃ☆



榎本さんとみぃちゃんは相変わらずらぶらぶ(///ω///)
見てるだけでも照れてこっちが恥ずかしくなってくるの。
イメージは吉岡亜衣加さんの「ひとしずく」
書くためにも榎本武揚色々と見たよ^^

続きを読む »

買った物とか色々と!!!

お買い物とか色々と。。。

1366020528095.jpg

遙かなる時空の中で 幕末のやつです。
うひゃひゃひゃ♪

1366020559990.jpg

新選組の雑誌。
まだ読んでません(汗)
土方さんだったり新選組だったりその他の幕末だったり色々と……。
主は佐幕派ですが。。。
勝さんコスしたいよマジ勝さんコスしたいよ・・・








☆高杉晋作死去☆
慶応三年の4月14日、長州藩士の高杉晋作が病死しました。
高杉晋作は、久坂玄瑞と並んで松下村塾の「双璧」と呼ばれています。

高杉と言えば、奇兵隊、長州藩を討幕派に導いた、と言った功績があります。
アヘン戦争があって隣の国がどういう状態になったのか、と現実を直視することも出来たため、討幕を決めることを出来ました。
松陰と言う大きな師を失ってもなお、松陰の意思を引き継ぎ、倒幕へと導いた高杉ですが、高杉は明治時代を見ることなく、労咳が悪化し慶応3年4月14日に病死します。

高杉さんについてはまだよく知らないので、勉強中です。
欲を言うのならば、もう少し長生きして欲しかったなぁ、とは思います←

27歳ですものね。
気力だけが先走って無理しすぎた所に【労咳】となったら、生き残れる可能性も下がるでしょう……。
明治時代まで生き残っていたら新政府に入っただろうなぁ。



Shinsaku_Takasugi.jpg



ちなみに私は久坂玄瑞の方が好きです。



そしてえのみぃカップリングなりきり100の質問は明日書くよ!!!

えのみぃはらぶらぶすぎる///////
ちゃきちゃきの江戸っ子な榎本さん
甘えっ子なみぃちゃん


りんみやは相変わらずらぶらぶだよ


今度劇場するよ!!!

何にしようかな。


新作もEDまでだいたい書けたしそろそろ張り始めよう・・・
でもあしたはえのみぃ!
岩倉ゅいよりはイメージ掴んでる。


みぃ今度かつみやあんどえのみぃでだぶるでーと書くね!
あの時代だと、ダブルデートと言うより逢い引きかな?

色々と・・・っ 続きから慎ちゃん

☆清河八郎暗殺について☆
清河八郎と言えば、新選組好きな方にはおなじみの方だと思います。
清河は、新選組や新微組の前身となる、浪士組を結成した中心人物となります。ただ、幕府側からは非常に煙たがれた存在だったと言われています。

浪士組は入京した際
「攘夷のさきがけの集団となる」と言う建白書を【朝廷に】提出しています。
朝廷に提出するということは、「もう幕府は関係ありませんよ」と言っているという事です。
そして江戸に戻ったのが「新微組(しんちょうぐみ)」、京に残ったのが「新選組(しんせんぐみ)」ですね。

ちなみに、清河八郎はヒュースケンの暗殺をしたらしいですね。

清河を暗殺したのは京都見廻組(幕臣集団)の佐々木只三郎と言われてます。

本当は昨日だったのですが・・・・・・はぁ・・・。





そして、天保9年4月13日に中岡慎太郎が生まれました。
中岡慎太郎と言えば坂本龍馬の盟友、と言うイメージが強い方もいるかもしれませんが、
あの二人の考え方は違います。

中岡慎太郎は武力倒幕派で急進派です。

私自身は上手く長州や薩摩とパイプを繋いだ中岡さんの方が好きです。
後、あの時代には珍しい笑顔が素敵ですね!

Nakaoka_Shintaro.jpg


続きから中岡さんゆめ

続きを読む »

「敵」

慶応4年の今日、江戸無血開城が行われました。
失ったものも得たものも非常に多い決定となりました。

その前に会談した幕臣の勝は、あくまでも
・上様の処遇
・自分たち元幕臣の処遇
によっては「戦うことも厭わない」と考えていました。
それはその後戦うこととなった榎本も同様です。
陸軍は敗戦したこともあって大多数が江戸にもどることなく東北各地へと転戦していきます。

☆旧幕府軍と武士道☆
まず、旧幕府軍には、武士道が有った人物となかった組織人、と言われる人物に分かれていた、らしいです。よくわからないのですが……。

武士道が有った有名な人物と言えば小栗忠順(上野介)
組織人として有名な人物と言えば勝海舟や大久保一翁
上手く切替がきいた人物が榎本武揚や大鳥圭介

と言う感じが正しいのかな……。
本で読んだんだけどよく分からないんだよね。

まぁこれがあったから戦争が広がらなかったとも言えるしでも……。

私勝さんと榎本さんと土方さんが好きだから微妙なんですよね。


三人にとっては良かったのか良くなかったのかと考えてしまう……。
勝さんは当事者だったから良くやったよって思えるけど、
土方さんは勝甲州勝沼に行くし。
あの辺りに旧幕府陸軍大量に江戸から出て行って暴れるし。

榎本さんは、「上様の処遇が決まったら」だったし。


あーモダモダしすぎだよ……。

私自身三人が好きだから迷う。
ただ幕府側が好きなだけで薩長側は興味ないです。

でも、あのときの江戸無血開城は勝さんと西郷さんだったから上手く行ったんだよおおおお
榎本さんと黒田さんでも上手く行きそうだけど。。。

あそこで相手側が長州だったら難しかったかもね。
長州藩は過激派が多い。

長州でそこまで過激じゃなかったと言えば伊藤博文とか井上馨とかあの辺か。

ふむむむむ




後、今日は新選組2番組組長、永倉新八さんの誕生日ですね。
永倉さんは松前藩士なんだよね。
上屋敷で生まれたけれど、松前藩士。
剣術修行したり色々として、試衛館の食客となって近藤勇らと出会って浪士組として上京、新選組となる。
甲州・勝沼の戦い後「靖兵隊」を結成して北関東にて抗戦するも、米沢藩滞留中に会津藩の降伏を知って江戸へ帰還。
松前藩士として帰参が認められる。

その後は結婚して松前に渡ります。
懐古録である『浪士文久報国記事』、『七ケ所手負場所顕ス』や

小樽新聞社の取材によって書籍化された『新選組顛末記』は有名。
『新選組顛末記』は読んだけど上の二つは読んでない。


続きから勝さんゆめ

続きを読む »

カップリングなりきり100の質問 岩倉具視×ゅい

「BIANCA」 管理人:南斗あきら様 より、お借りしました。

リクエストで岩倉具視×ゅい
ゅいちゃんだけお持ち帰り可能。
普段聞く話とかから作っているので、岩倉さんのイメージが違うとかそういうのは無しでお願いします(笑)

岩倉さんってこう言うので良いのかな?
ちょっとイメージ違う? え? えーーー



煮るなり焼くなり食うなりしてください♪

続きを読む »

幕末志士の設定&イメージソング

うちの子設定とか色々と。
苦情受け付けています。

☆榎本武揚☆
ちゃきちゃきの江戸っ子な幕臣。
西洋かぶれしてるけど祖国を絶対に忘れない。
自信と野心がたっぷりの政治家で外交官。
髭を引っ張ると怒る。

イメージソング→May'n 「もしも君が願うのなら」



☆勝海舟☆
ばりばりの江戸っ子な幕臣。
武士と言うよりも組織人で、鋭い洞察力を持つ。
戦が嫌いで腹芸が特技の政治家。
榎本武揚にライバル心を抱いているからか、好きな食べ物は「釜揚げうどん」である。

イメージソング→AKB48「チャンスの順番」



☆大鳥圭介☆
どこかぽーっとしている戦嫌いな軍人。
自虐的で自信がなさそうで先の見通しが甘い。
でもやるときはしっかり決めてくれる工業の作業員になれそうなおっさん。
「大鳥」という苗字だけど「小鳥」の方が好き。

イメージソング→Girls dead monster「Little Braver」



☆近藤勇☆
どっしり構えることが出来ない新選組の局長。
人を動かすのが実は下手で苦手なことは全て副長の土方に任せている。
壬生浪士組局長から斬首に処されるまで堂々としていた。

イメージソング→Girls dead monster「一番の宝物」



☆土方歳三☆
絶対に敬語でしか話しかけることが出来ない鬼の副長。
細かい戦の戦略や戦術を立てるのが上手で率先して戦に出て行く小隊長。
新しい物好きで洋装まで格好良く着こなすことが出来るが、武士の魂である刀だけは手放すことが出来ない。
現代なら配管工になっていた。

イメージソング→吉岡亜衣加「舞風」



☆小栗忠順☆
忠義だけには誰にも負けない絶対の自信を持った幕臣。
発想力は豊かで新政府が考えていたことを元々考えていたのはこの人だったりする。
評価は低いけど実は勝や榎本よりも余程凄い。
小栗という名前だが栗が大嫌いで見るのも嫌だったりする。

イメージソング→supercell「告白」




その他イメージソング
勝海舟と榎本武揚
浜崎あゆみ 「progress」



幕府全体

黒崎真音「黎鳴-reimei」


とりあえず好きな人だけです。。。
倒幕派とかその他佐幕派とか幕臣とかはもう少し待ってください。
うふふふふ♪
基本一番下の行が勝手な創作です。
何だよ栗が嫌いとかもう意味がわからんw

近藤勇・斬首について

<なぜ近藤勇が、そこまで恨みを買ったのか>
まず一つとして新選組が会津藩の下だったということが上げられます。
そこまで活躍はしていませんが、
・八月十八日の政変
・禁門の変
では、長州藩や土佐藩の恨みを非常に買うこととなります。

また、池田屋事件では、松下村塾四天王にも入る吉田稔麿らを自害へと追い込んでいます。

坂本龍馬・中岡慎太郎両者の暗殺の下手人も新選組とされ、土佐藩の恨みを大きく買うことにもなります。

このように、主に長州藩・土佐藩からの恨みを買うことを行っています。
甲州勝沼での戦いの際も、新選組の相手方は板垣退助率いる土佐勢が中心でした。

薩摩藩の恨みはそこまで買うことは無かったと考えられますが、薩長同盟の締結の為、長州がそこまで恨みを抱いているなら、俺らも力を貸そう、と言う考えになっている状態です。
ちなみに薩摩藩は取り入るのが非常にうまく、また「素晴らしい」と思うものを認めるだけの力もあります。江戸無血開城や五稜郭陥落の際も、相手が薩摩藩士だったから穏便にことが進んだのではないかと考えている歴史学者さん(誰だったっけ……)もいました。
逆に、長州藩は過激な人物が多く、藩士の中では「勝海舟ら恭順派は切腹。榎本武揚ら降伏人物は全員斬首にすべきだ」と言う過激な論者も板ぐらいですからね。

<近藤勇、投降>

近藤勇が投降した時名乗った名前は「大久保大和」です。
薩摩藩士の有馬藤太と言う人物は、大久保大和が近藤勇だということに気が付きますが、近藤の堂々とした姿に、斬首は厳しすぎるのではないかと思ったと言われています。

投降するとき、「俺が時間を稼ぐ」と言って出て行ったという話と切腹しようとしたところを止められたという話の二つがあります。どちらかは分かっていません。
どちらにしても近藤と土方は信頼し合って思い合っていたことがうかがえます。

投降後、土方は大久保一翁、勝海舟、榎本武揚らに助命嘆願をしています。
彼らは即新政府に働きかけますが、
上部に記載した通り、長州藩や土佐藩に非常に恨まれており、助命嘆願は聞き入れられることはありませんでした。

ここで注目したいのは薩摩藩士の「有馬藤太」と言う人物です。
彼は近藤勇の取り調べを行ったと言われています。
有馬は、近藤の処刑には強く反対したと言われています。

通常斬首刑とは、重大な罪を犯した場合にのみ行われます。
例えば、吉田松陰や橋本佐内が斬首刑であった理由は「国家転覆を考えた不届き者」だったからです。

近藤勇や新選組は、王政復古の大号令が起きるまで、「切り捨て御免」が適用されていた人物でした。決して国家転覆を考えた不届き者ではありませんし、そういうテロリストたちを取り締まっていた側の人物でした。
過去のテロリストが官軍になったので、彼らは新選組が「テロリストだ」と豪語し、その中心である近藤を殺してしまおうということになったのでしょう。

<御陵衛士の存在>
近藤勇が投降し、取り調べの際に、御領衛士が数人おり、その人たちがあいつは新選組の近藤だ、と言ったので処刑が決まったという話が有ります。
御陵衛士、がどこまで新政府軍と活動を共にしていたかはわかりませんが、彼らがいたということは、近藤を狙っている人物が相当数いたと考えるのが妥当でしょう。


<近藤勇、斬首>
近藤勇は、板橋の処刑場で斬首されました。
殺されたくないとわめいたりせず、堂々としていたと言われています。
ただ、薩摩藩士の有田さんの心を動かした、と言うことはあまり有名な事ではありません。
もう少し有名になってもいいのではないか? と思います。

<もし近藤が生き残っていたら>
もし、近藤が生き残って戊辰戦争に参加していたら、土方のポジションは近藤だったと考えるのが妥当でしょう。

戊辰戦争後も生き残っていたら、陸軍のいい位置入っていた可能性は無きにしもあらずですが、榎本や勝が新政府へ出仕するのにあれだけごねたわけです。近藤が入ったかどうかは定かではありません。
ただ、嘘で言われた「大名の位」に簡単に流されてしまう近藤さんですから、陸軍の中心として、と呼ばれたら喜んで新政府に入るかもしれませんね。
土方は、大名の位を授かると言っていた近藤を冷めた目で見ていたという話もありますので、新政府に出仕する様連絡があっても、入らなかったかもしれませんね。

<近藤勇斬首・評>
近藤勇は斬首されてもしょうがないと私は考えています。相当数の人数が佐近藤勇を何らかの形で恨んでいたからです。彼は、それを一身に背負って死んでいった人物の一人です。もし、名だたる幕臣たちが彼の助命嘆願にもっと力を入れていたら、その彼らでさえも処刑されている可能性があったわけです。


今回は近藤勇・斬首について考えてみました。
またお会いしましょう。
Good Bye!

新作設定

主人公お優(長谷川優子)はふとしたきっかけで幕末の長崎へと飛ばされる。
そこには、今後の幕府を担う人材を育てるために、長崎海軍伝習所、が開かれていた。

勝麟太郎(海舟)、榎本釡次郎(武揚)の二名に運よく助けられた彼女は、
彼らが不在の間に、密か蘭語と蘭学の勉強を開始した。


彼女がそうしている内に、優秀だということに気が付いた彼らは、彼女を
「男」として利用することにしたのだった――。



主人公⇒長谷川優子(お優)
「もとより戦は嫌いです故――。
御二方がそこまで言うのならば、良いのかもしれませんが、本当は反対で御座います」


メイン男性・勝麟太郎(海舟)
「おめぇさん、男の格好をしておいらの小姓になるといいさ」


メイン男性・榎本釡次郎(武揚)
「なかなかに学のある女子のようだ。俺の代わりにお優が教授になったらどうだ?
俺もまだまだ学びたいと思うからね」


その他登場人物
<史実>
小栗忠順(幕臣)
山岡鉄舟(幕臣)
大鳥圭介(幕臣)
近藤勇(新選組)
土方歳三(新選組)
桂小五郎(長州藩)
高杉晋作(長州藩)
西郷隆盛(薩摩藩)
坂本龍馬(土佐藩)
中岡慎太郎(土佐藩)
佐久間象山(蘭学者)
勝民子(勝海舟正妻)
榎本たつ(榎本武揚正妻)

など

<創作>
吉原美矢子
結城小次郎

その他にもオリジナルキャラ、史実人物等予定しています☆
登場人物が多すぎて私自身把握できるか自信がありませんが、年表と地図使って頑張ります。

第五十一話 きっと、誰よりも。

小栗上野介忠順殿は凄い人です。

ノーと言える最初の日本人、なのかな?

違うかもしれませんが。
彼が抗戦派だったのは、徳川家への非常に強い恩義があったから。
新政府に入って上手く行ったような人たちは徳川家への恩義もあったが、
どちらかと言えば今で言う「組織人」や「会社員」と言った方が正しい。

組織や会社を良くするために働いたり、楽するために何かを開発するようなことはあるけれど、
会社に何かあったらとっとと逃げてしまうと言う。

小栗さんは、恩義や忠義が強すぎて、変わり身が遅かったから、
斬首されたに違いない。

続きを読む »

なりきりとか色々と。

昨日はエイプリルフールだったため、ツイッターで勝海舟のなりきりをしていました。
勝海舟みやこ、と言う名前でした。

幕末では桂小五郎、高杉晋作、陸奥宗光、土方歳三とか発見しました。
それ以外にも戦国武将や源氏、平氏等色々といましたね。
細川勝元とか後醍醐天皇も発見しました。

皆さんなりきりが上手くて尊敬です。

勝先生も上手、と言われましたが、やはり口調が難しいし、勝さんがああいうことを言うかなと考えると、
全然駄目だなぁと思っていました。

うちの子勝さん難しいです。


大まかな設定は氷川清話とかから取ってきているのですが、やっぱりそれだけでは書きにくいです。

連載中はもうすぐ完結します。

残念だったことといえば、友人が小説サイトを(ガチで)閉鎖していまいました。
あのサイトの幕末志士の恋愛事情、の二次創作が結構好きでした。

素敵な桂さんと高杉さんを見られて非常に良かったのですが・・・。

勝さんや榎本さんがの夢小説が読めるところが増えれば嬉しいなと思っています。
好きな志士があまり人気がない?と思うとちょっと悲しい。

勝海舟も榎本武揚も歴史の教科書に載ってはいると思うのですが、そこまで大きくは掲載されていないのでしょうか。
林大学頭、阿部正弘、堀田正睦、中島三郎助、河合継之助らが出てくることはないと思いますが……。
江藤新平とか鍋島直正とかですら出てなかった覚えがありますし。


後、新作の設定が大まかに決まりました。
今回は完璧に恋愛は匂わせるだけです。
流れは史実準拠ですがたまに挿話が入ります。

本とか色々と参考にします。
氷川清話、シベリア日記とか色々と。
勝海舟と榎本武揚の詳細年表も手に入れました。

今週中に新作設定他の公開と連載作EDを書き終えることを目標にしています。

| ホーム |


 BLOG TOP