FC2ブログ

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

裏語薄桜鬼 プレイ日記2

引き続き「裏語薄桜鬼」をプレイしていました。


今回、グラバーさんと高杉さんもでてきました。


でも一番嬉しかったのは伊藤博文さんです!!!

博文さん出て来ましたよ。
相変わらず女くどくキャラなんですね。
格好良かったです。

表情パターンいくつかしか無いみたいだけど惚れてしまいそう。

しかし、グラバーさんをお土産扱いする高杉さんは一体何なのか。

でも格好良かったな。


BN2u4qKCQAIC8mD.jpg

正直この台詞こんなに始めの方に出てくるの!?と思いました。


後、伊藤さんの依頼もしました。

博文さんの依頼は、花、だったのですが、梢たんではなく他の女にあげる物とがっかり。
でもいい女になったら奪いに来るらしいので、いい女になります。


一番楽しみなのは、ただいまグラバーさんです。

個人的には、伊藤さんと久坂さんを攻略したかった・・・。




その他には……。

またまたうたプリ見てました。
元々はトキヤクラスタだったのですが、今では立派な音也・翔ちゃんクラスタです。

翔ちゃんのグッズか音也くんのグッズ欲しい。
と言うかうたの☆プリンスさまっ 本編が欲しいです。
スポンサーサイト



テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

裏語薄桜鬼 プレイ日記1

今日発売になった「裏語薄桜鬼」を早速プレイしています。

まず、最初に思ったのは、薄桜鬼シリーズの女はみんなやたら強い。
梢たん強いな……。

とりあえず第三章の途中まで行きました。
岡田以蔵、史実でもあんな風に刀を抜いたり、敵と遭遇するまではニコニコして
武市先生の後をくっついている感じだったのでしょうか。

通常のにこやかな表情と人斬りの時の目つき。

全然違っていて……。
ちなみに
「僕が奴らを斬らなかったら、君が死んでいた」
これ、言葉は違いますが、以蔵が勝海舟を護衛していた時もこのようなことを言ったらしいですね。

この時点では史実以蔵から見た梢たんは勝さん???

梢たんだって殺したことをあーだこーだ言ったけど最後には納得?してたみたいだし。


プレイした感じでは今のところ一番は冷たいことを言うけれど優しそうな武市さんでしょうか。
桂小五郎の方は彼自身の生きていて欲しいと言う思いが強い。

武市半平太は彼女を期待させない様にしている。

後勤王の志士が集まっている所は暑苦しそうでした。

まだ伊藤博文さんがでてきていないので、早めに出てくることを望んでいます。


伊藤博文さんが攻略できたら良いのに・・・。
でもそれより先に勝海舟と榎本武揚が攻略出来るのが出て欲しいです。

幕末維新 暗殺・斬首第一回 「小栗忠順」 ほか

今日から暫く書いていく企画。

ぽちぽちとになりますが、考察を発表できればと思っています。

私自身至らないことが多いのでどれほどまで正確かは分かりませんが……。


小栗忠順とは、幕末の幕臣である。
勝海舟のライバルとして比べられることが多いが、勝より政治の才はあったと考えられる。

官位は従五位下豊後守、上野介である。
彼の功績は
・日米修好通商条約批准
・地球を一周
・洋式軍隊の整備、横須賀製鉄所の建設
・通貨の交換比率の見直しの交渉(失敗するも多くのアメリカの新聞は絶賛の記事を掲載)

などです。

鳥羽・伏見の戦いの後の評定では榎本らと共に徹底抗戦を主張。
慶応4年(1868年)1月15日、江戸城にて老中松平康英より御役御免及び勤仕並寄合となる。
3月初頭、小栗は一家揃って権田村の東善寺に移り住む。
水路を整備したり塾を開くなど静かな生活を行い兵の訓練などはしていなかった。


誰にとって小栗忠順が邪魔であったか。

<薩摩藩>
・大日本帝国海軍の基礎を築いた藩。
・鋼鉄受け取りの為と考えられる。
(鋼鉄の引き渡しは、慶喜の大政奉還後宙に浮いていたが、元々鋼鉄注文は幕府。
また、小栗が商談をしたとも言われている)

<長州藩>
・なんとしてでも幕府が関わっていると思われたくなかった。
小栗は後の鉄道建設など長州が関係する数多くの事業を考えていた。
ちなみに長州で小栗と考えが似ているのは伊藤・大村など武士以外の身分。
派閥で言えば「開明派」?


<恭順派の幕臣>
・小栗が幕府の主戦論を引っ張っていたら恭順派の幕臣達が暗殺されている可能性がある。


【小栗忠順の評価】
大隈重信は小栗について「明治政府の近代化政策は、小栗忠順の模倣にすぎない」と語った。
東郷平八郎は「日本海海戦に勝利できたのは製鉄所、造船所を建設した小栗氏のお陰であることが大きい」と言っている。

大鳥圭介は、小栗について「小栗は、剽悍な人物で、議論の盛んにした。武芸には達したが、洋書を読みこなすまではいたらず、洋学者から話を聞いては、世界情勢に留意していた。私どもが、(小栗の屋敷へ)行くといつも世界情勢の事を聞くから、知っている事を話したが、記憶力は非常に強い人であった。」と証言した

(Wikipediaより)

評価を踏まえると、

小栗忠順を歴史から排除することによって、
【自分たちが近代化の父・母である】と薩長は言うことが可能になる。

また、【自分たちが計画したとして、近代化をしたい】と考えた薩長にとって、
何より邪魔なのが小栗であったと考える事ができる。

また、小栗が死んで残りの幕臣達の命が助かったとも考えられる。

小栗は薩摩か長州辺りに生まれていたら日本近代化の父と呼ばれていたことでしょう。

幕臣一有能だった頭脳は、薩長の神話作成の為に殺されたのでした。

次は大村益次郎について話します。




そして今日はうたプリ見てました。
はるちゃんのピアノのシーンは良く分かる。
私もピアノしてるから……。
手が動かなくなる事とか普通にありますよ(笑)

しかし音也が素敵すぎる。
翔ちゃんの高所恐怖症とかバイオリンとかも良いね。
好みなのは翔ちゃんかな。

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

奇兵隊 感想他

高杉晋作と言うよりむしろ長州と言う感じが否めなかった。
まさか高杉さんをあそこで喀血させるとは思っても見なかった。
やっぱり晋作の長州征伐時喀血or総司の池田屋事件時喀血は無くてはならない物なのかな。
幕末なら・・・。

最後、おまささんがおうのさんに感謝をする必要はあったのだろうか???
あのシーンははっきり言って不要。
おまささんとおうのさんが鉢合わせした時、
おまささんは非常に悲しい思いをしたと思います。

それにさあ・・・。
王政復古の大号令の時すでに高杉は死んでたよね。。。


高杉さん・・・。


決起した時辺りが一番格好良かったです。


全体として。。。
やや長かった印象有り。

でもやっぱり高杉さんの最後は泣いてしまいました。

しかし、奇兵隊と言う名前なのに関わらず、
奇兵隊の話は殆どなし。
高杉さんメインかなと思ったら群像劇。
でも色々と面白い所はありました。

泣いたところは周布さんと高杉さんの最期。
特に周布さんを演じた津川雅彦さんの演技は圧巻で惹きつけられる物がありました。
周布さんの最後、目を離せなかったです。
津川雅彦さんですものね・・・
全て彼に持って行かれたと言っても過言ではない。


いやしかし、歴史という物は残酷ですな。

本当に・・・。
バラバラすぎる長州藩を本当の意味でまとめたのは一体誰だったのでしょうか。

その後の明治新政府になってからの長州藩は、みんな下っ端見捨てすぎ。
特に山県有朋。
同じ奇兵隊の指揮者だったにも関わらず赤根さんを許すことは出来ず
農民だったから斬首
下っ端を見捨てられなかった大村益次郎は暗殺。
この人は士農工商関係ない正規軍を作ろうとした。

同じく見捨てられなかった伊藤博文もハルビンで暗殺。
ちなみに伊藤さんの場合は元農民兵たちを鉄道敷設作業員とした。
だからむしろ見捨てられなかったのは井上勝の方かも???
でも伊藤さんは出世をあんまり考えてなかったとかなんとからしい。
これはやはり元が農民の出だからかな、やっぱり。
だからなんか一人だけ長州感なし。
えっ!? 長州だったの? と言う感じ。



後、神風怪盗ジャンヌ、懐かしくなって買ってきました。
私がジャンヌを初めて読んだのは小学生の時。
今も昔も考えることは一緒で、やっぱり
「人は簡単に~」のところ。

愛が何か分からない、と言うところ。
何度読んでも考えてしまう。

初めて読んだのが小学生の時だったのに、今も面白いと思えるなんて思っても見なかった。

やっぱり大判も欲しかったな・・・。
中古で良いから売ってたら買おうかな・・・。

奇兵隊前編 高杉晋作と長州藩

やっと借りられたので見ました。
「奇兵隊」
前編だけですが・・・。


高杉が攘夷になったのってああいう理由ならよく分かります。
史実がどうだったかは分かりませんが、
上海に租界があって外国人が自国民である
清国人から通行料を取ったりしている。

払わなかったわ殴る蹴るの暴行・・・。

高杉は勝てないのは分かっても、一度は攘夷を決行して
外国に日本の力を見せつけると考えた。

高杉はまま過激派ですな。

それを超える過激が、久坂玄瑞と言った所でしょうか。
あの人は瞬間湯沸かし器みたいなもんだー。


高杉はもう少し落ち着いてたよね。
奇兵隊はやっぱり凄いと思います。
良く同時期に奇兵隊と新選組なんて言う似た組織が出来てくれたよ・・・。
アレで敵対している同士が互いにもう武士の時代じゃないって教えちゃった訳じゃん……。

しかしこいつら尊皇攘夷とか言いつつ
【天皇敬ってない】じゃん。

玉の取り合い。天皇なんてどうでも良い
だったんでしょ。

あくまでを手に入れたかっただけというね。

禁門ときは高杉さん出獄していたとは言っても久坂さんとか止められなかったみたいだし……。

まあ、その久坂さんも人を止めようとしていた訳ですし。

結局長州の過激派って誰だったのよ、というところ。

ま、私は長州なら伊藤さん一択ですが。

旧幕府軍・・・五本指か四本指か+人斬りお優

旧幕府軍五本指と言えば、
・徳川慶喜
・小栗忠順
・勝海舟
・榎本武揚

後入れるとしたら大鳥圭介か山岡鉄舟

だし思うのですがどうでしょうか。

まず、小栗忠順はこの中でダントツの優秀さを誇っていると思います。
「日米修好通商条約」の批准書を取り交わす際には、
米国金貨と日本金貨の金及び銀の含有量の違いを証明、公平にしようと交渉。
比率の改定までは至らずも、この交渉に関して、多くのアメリカの新聞は絶賛の記事を掲載した。

すげええええええ!!!!


今で言う円高円安是正みたいな物です。
日本初の是正でしょうかね。

それ以外にも日本初の株式会社の設立
横須賀にドッグの建設(これは後の明治新政府でも使用)
廃藩置県を考える
などを行っている旧幕府随一の改革者にして、最高の交渉人です。

あともう一つ。
幕府に代わる新しい政体樹立の構想も、小栗の中にはあった。

商工会議所や製鉄所、銀行制度や郵便電信制度・・・果ては、鉄道網やガス燈の設置。
明治政府が行いますが、実は、すでに忠順の手で、その原型となる物が考えられていた!!!
だから大隈重信が言うんですね。

「日本の近代化は小栗の模倣だ」

と。。。

勝海舟、榎本武揚は何度も語っているので除外。
一言で言うなら敵将も魅了する大将と高い外交能力と言った所でしょうか。


とにかく言いたいことは

小栗忠順凄いよ

と言うことです。
勝海舟や榎本武揚の影に隠れがちですが忘れないであげてくださいω

続きを読む »

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

言葉の美しさ。



その曲が非常に好きです。
真っ直ぐすぎて……。


私やっぱり旧幕派です。
旧幕は本当にばらばらでまとまりがなかったイメージがあるけど、良くやったよ、と思う。

薩摩と会津の愛国心も凄いけど、旧幕軍もあっぱれだよね。
・・・というか長州の愛国心の低さはなんなんだろうか。
伊藤さんとか井上さんとか海外に行った面々の愛国心は高かったらしいですが……。


幕府は元々は総徹底抗戦派だったわけだし、だんだん周りを見るにつれて考えが変わっていったと言うか何というかそう言うイメージ。
でももし小栗忠順が存命で、小栗と勝と榎本が徹底抗戦派の中心になっていたらと考えると恐ろしい。
我が強すぎるし、言い合いするしまとまりがつかなくなりそう。

なんだかんだ言いつつ最後に纏めるのは榎本さんな気がする。
小栗さんと勝さんの仲の悪さは異常だし(出来れば口をききたく無かったとか何とか。)


そう考えると言い合いする勝さんと小栗さんの間で仲裁する榎本さん……。
と言う図式が私の中に誕生します。。。

でも下には沢山控えてるし……。
山岡鉄舟とか大久保一翁・松平太郎・板倉勝静・大鳥圭介等々・・・
うーん・・・。

どういう風になったかなぁ・・・。

後、会津藩に河井継之助がいたらもう少し会津戦争は軽かった気がします。
会津の長州憎しは強い。

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

薩摩・長州・会津

薩摩藩・長州藩・会津藩
藩と地元愛が強かったのはどこの藩かと考えてみました。

まず私が思う愛藩者とは敵方の愛藩者の気持ちも理解できる人のことです。

そこをふまえてまず、薩摩藩。

薩摩藩は非常に地元愛や愛藩者が多い藩です。
これは、西南戦争が起きたからと言うところもあります。
でも、一番はやはり、敵方にも寛大な処置をしたところでしょうか。
薩摩藩は、相手のことをよく見て、相手の立場になって考えすぎてしまうぐらいの人がおおいけいこうにあります。
西郷隆盛や桐野利秋、黒田清隆らが代表的ですね。

また、薩摩藩はほかの藩士たちのことを陥れたりする言葉を言いまくるなど品位が下がることもあまりしていないそうです。

次に長州藩。
この藩にはプライドが高く、自分が一番という考えの人が多いです。
また、普段はあまりまとまりか無いです。
その代わりいざとなったら驚異的な団結力を発揮します。
でも、あまり本当の愛藩者はいなかったのかな。
薩摩をイモザムライ
会津のことはいつまでもカイヅと呼ぶ。
極めつけは自分たちのことを
「誇り高き長州侍」と言っている人がいたとかいなかったとか。


次は会津藩。
ここも地元愛に満ちています。
そうでもしなければ会津戦争で何ヶ月も激戦を繰り広げることはないでしょう。
また、殿を敬愛する人も多く、殿の命が助かるならと
俺を斬首に
俺が切腹する
と申し出る人もいたと言われています。

幕末、特に有名で力が強かった三藩をみましたが、
薩摩の地元愛は異常です。
もう愛国者集団です。
裏で何かしてるのかといいたくなるほどです。

勝さんと榎本さん

今日は勝さんと榎本さんについて考えていました。
勝さんと榎本さんは仲が良かったとか悪かったとか色々な話がありますね。

仲かが悪かったと言われる理由は、
幕府の遣米施設に榎本さんが行っていない。
仲が良かったと言われる理由は
榎本さんの結婚の仲人を勝さんがしたという話があるからです。
ただ、そのどちらも明確に残っている訳ではないので、真相はわかりません。

勝さんと榎本さんが本質的なところでは似ていたという話もありますが、それに関しても
・海軍だから
・江戸っ子だから

という弱い理由が多いです。

何かと文のやりとりをしていたという話もありますし、勝さんは榎本さんの脱走を引き留めているので、そういう点から仲が良いというのもいえますが、
戊辰戦争以降はほとんど話すことがなかったと言います。

そう考えるとやっぱり仲は悪かったのかな。
何といいますか・・・。


イメージ的には、
勝さんと小栗さんが言い合いしてそれを榎本さんが、止める、といったところでしょうか。

ちなみに、榎本さんは誰とでも上手く行きそうですが、勝さんや小栗さんはかなり相手を選びそうですね。

ここで一つエピソードを。
幕末の時、小栗忠順、勝海舟、榎本武揚が10人ぐらいいたら、幕府ももう少し持ったかもしれないというはなし。
誰が言ったかは分かりませんが本当にそうなら薩摩長州より政治力はあったかもしれませんね。


あと昨日はこんなの作ってました。

BMenGJBCIAE3_xA.jpg

PCで使える志士ロゴの下書きです。
かいたのは私♪
字が下手にも程がある・・・
ペン字したいです〈笑〉

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

山岡鉄舟先生

天保7年6月10日(1836年7月23日)、山岡鉄舟が生まれました。
通称は鉄太郎です。

鉄舟は、幼い頃より武術に親しみ神陰流、樫原流槍術、北辰一刀流を学び、武術に異常なほどの才能を示します。
文久3年には、後の新選組の母体となる浪士組を結成、上京するも、東帰、謹慎。

その後は慶応4年に
勝海舟と西郷隆盛の江戸無血会開城会談前に西郷隆盛と駿府で面会


享年53歳。


身長は188センチで体重は105キロ程度の大柄だったと言われています。

また、鉄舟は結婚後最初は女を買いまくっていたが、
妻の英子が枕元に見えただかなんだかで愛妻家→おしどりふ夫婦になったとか言う話を聞いたことがあります。
ちなみに身長差がかなりあったらしいです。



362px-Yamaoka_Tessyu.jpg


このような顔なのですが・・・
どこかでみたことある気がします。
役者さんか何かでしょうか……。

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

後悔なんて、きっといつになっても。 + おすすめ本ほか

「陸蒸気はじめました。―since 1872」

とにかく可愛かったです。
博文さんが好きです。
伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん伊藤さん


「長州ファイブ」

これも伊藤さん目当てで買いました。
映画では山尾さんがメインでしたが、漫画では伊藤さんと井上馨さんがメインです。
私は漫画の方が好きです。

「新版 白虎隊と二本松少年隊」

「われわれは決して薩長に降伏したのではない。天皇に謝罪したのである」 これが会津戦争の全てを表している。
会津藩が薩長を恨んでいる理由もここにある。
後は、天皇、将軍共に信頼されていた「官軍」の一番が「賊軍」に薩長の手で落とされてしまったこと。

とにかく、苦しい。
読むのが辛かった。


今日読んでいたのは「黒龍の棺」です。
勝海舟、土方歳三、小栗忠順ファンにはオススメ。
いっぱい出て来ます。

つづきからゆめ。

続きを読む »

図解日本海軍 感想 + 池田屋事件

まず、やっと図解 日本海軍 を読み終わりました。
真珠湾以降、どうしてすぐ降伏出来なかったのかな、と何度も思ってしまいました。

とりあえず最初に、ハル・ノートの交渉が何故出来なかったのかな……???

真珠湾の奇襲はまぁ・・・ね。


でもさ、米国が怒るのは当然じゃん。
「リメンバー・パールハーバー」分かるのよ。
真珠湾は忘れないって

ね???

南方作戦だって広げすぎだし。
フィリピン・マレー・シンガポールにビルマ……だと!?
もうなん……だと!? という世界。

そして、マレー沖海戦で、完璧に航空機〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉戦艦になっちゃいます。
はい。
戦艦の時代は日本にとっては短かったんですよね。

大敗北した、ミッドウェー海戦。
まず、問いたい。

なぜ 米国が日本の暗号を解読しているかもしれないとか、
    空母準備をしているかもしれない、とか思わなかった???
大敗北の原因ってここにもあるでしょ???


もう、その後は惨敗が続いていきます……。

しかも死亡の理由が
・餓死
・食中毒

って???

え???
なんで???

戦死じゃなくて???
あー意味がわからん。

科学技術と国力の差だってかなりあるし。
米国は既に電話とかレーダーとかあった訳じゃない。

そして、もう意味が分からない 特攻
潔く武士らしく死ににいけ、と武士道まで持ち出して特攻に行かせた訳なの。
つい60年ぐらい前まで武士がいたのに……る
この時期には武士道も間違って使われてしまう。

なんでそこまでして……。

確かに死んだ人に申し訳が立たない、というのはあるかもしれないし……。でも……。

5/7にはナチス・ドイツも降伏するのに、日本は御前会議で6/8に、本土決戦をすることを決定。
その頃既に大都市は焦土と化していた……。

7/26 ポツダム宣言出る
8/6  広島に原爆投下
8/9  ソ連・満州に攻撃
    長崎に原爆投下

ポツダム宣言受け入れ
 皇室の安泰のみ願う

他に何も無かったの???

そして、11/30 海軍・陸軍廃止


以上。

ふむむむむ。。。
もしもう少し早く・・・と考えてしまいます。

日清・日露・一次大戦と勝ち続けたからなのかな。




そして、元治元年6月5日、池田屋事件がありました。
新選組が、攘夷志士が集まる池田屋に討ち入りに行った訳です。
が……これで長州や土佐の過激派を怒らせることになった、とも言われています。

維新がどうこう、と言うよりもむしろ長州を怒らせた、と言うのが大きかったのでしょうか。
その後、朝廷・徳川幕府・会津から恩賞があります。
公武合体派の時代、だったのですが、でも、
数年後には日本は倒幕派が強くなってしまいます。

薩摩・長州・土佐……
恨みが強すぎるにも程がありますよ……。

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

図解日本海軍 感想とか

真珠湾攻撃前まで行きました。
日中戦争辺りから詠んでると眠くなってきます。

近現代史苦手ですω;

一次大戦は日英同盟があったから参戦したわけだし……。
その後二一カ条の要求を突きつけてるでしょ、大隈内閣は。
これ、一つたりとも妥協は許さなかったわけだよね?

日本はこの辺りから外交下手になった感があります。
初代は交渉上手がものすごく多かったことを物語っているような。
まぁ、大隈さんは上手かったと思いますが……。当時の外交官はどこぞの誰だああああ。。。

二一カ条の要求……。

その後、米国は日本を想定敵国にします。
日英同盟は米国が除外されていたのもあって破棄。

ふむふむ……と言う感じ。
ワシントン会議でも、軍縮が出ますね。
その時、反対派と賛成派に別れるんですよね。。。

国家革新派が浜口雄幸首相狙撃もしていますね。
五・一五事件、二・二六事件と同じく陸海軍青年将校も関わっている、と言う……。


1931年には満州事変、10月事件(クーデター画策、だっけ?)もあるし、
1932年には五・一五事件……。
動機は、英米と協調路線への反発と農村窮状の打開・・・だった、はず・・・?

二・二六事件も動機は農村窮状の打開などだった・・・よね・・・?
(既にこの辺からあやふやなう)


そして色々とあって日中戦争へ――
日中戦争では、非戦闘員も無差別に殺害し国際社会を敵に回してしまいます。
ですが、が!!!
その後の戦争ってみんな非戦闘員も殺している様な気がしますけど……。

それにそれまでだって○○の変とかで全然関係ない町人斬っちゃったりとかあったよね。。。
まぁそれは除くにしても。
何かと関係ない人殺してますよね。

日本国内だってそうだし、海外でだってあんたら非戦闘員殺してたでしょって話よ。



しかしそんな事があっても、海軍首脳は米英の反応を憂慮しません。。。

うーん。。。

ぷんぷんと何かが漂っている様な感じはするのですがっ。

憂慮しないって言うのは無いわよね。
ちなみに憂慮の意味は「心配すること」「思い煩うこと」


ああああああああああ
ますます分からなくなっていく……。

日独伊三国軍事同盟とかも出てくるしー
日本はソ連と日ソ中立結んでるけどドイツがソ連に攻めちゃって日本も・・・ってなるし・・・。


あーもややこしいわ!


幕末もややこしいけど

日中戦争→太平洋戦争もややこしい


私、本読みながら三回ぐらい寝そうになりました。

海軍というか軍艦好きで読み始めて最初はそこそこ読めてたのになっ

これを機に近現代史もっと勉強します・・・。


そもそも私五・一五事件二・二六事件の区別も出来ないわw

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

図解日本海軍+薄桜鬼斎藤ルートほか

今日もまた「図説 日本海軍」読んでました。
いかんせん時間がかかります。

とりあえず日露戦争終結まで読み終わった感じですw
これから太平洋戦争か……。
太平洋戦争のことはあまり知らなかったのですが……。

66艦隊。
山本権兵衛という方が起案しました。
軍務局長から海軍大臣になった方です。
三国干渉があって作った物ですね。

その頃ロシアは満州を軍事選挙、韓国に親露政権を作って日本に好きを与えない。
日本は当然焦ります。

行ったのが日英同盟
英国も南アフリカのボーア戦争で国力が消耗していたため、防御同盟を結ぶ。
英国は、日本以外の国とは同盟を結ばなかったと言うので、何故日本・・・?感も有るかもしれないが、
互いにロシアには色々とあったため結びます。

後は、そうですね、東郷平八郎が司令官になったりします。
あの方は戊辰戦争の戦の一つ、宮古湾海戦でも戦っているので戦場を知っています。

2月8日頃より戦闘開始。10日に日露共に宣戦布告します。
日本が重要視していたのは黄海の制海権。
旅順が落とされても港に閉じ込めておけばロシアではなく日本の物なのだから必死必死。

その間乃木希典は陸からぐんぐんと攻めていきます・・・。

ロシアは10月に出ました
バルチック艦隊。出航するも二ヶ月以上イギリスの圧力で燃料は止められて遅れちゃいますω;

その後も戦闘は続きますが、日本が間一髪のところで決定的な情報を得、日本に少し傾き始めます。
「天皇陛下万歳」はこの時にも言っていた模様。

講和は米国、ルーズベルト大統領に頼みます。
ロシア側は艦隊の壊滅、ロシア革命によって戦争を続けることが難しくなり、日本の勝利が確定する。
ただ、日本は賠償金が得られないなど色々と有り
新聞には連日反政府・徹底抗戦・許すまじなどを掲げる記事が掲載されたそうな。

棚ぼたで勝ったんですからね。
当時の軍人達はそれを知っていたでしょうが、民衆にまでは知らされなかったという所か。
まぁ、この時の作戦にも「数打てば当たる」というのもあるし、
何だか太平洋戦争に続いてきそうな部分はまま見受けられます;

この頃までは軍人多かったのにとたんに軍人がいなくなったのでしょうか。

幕末明治中期頃までは有能な軍人が多かったなぁ。
・大村益次郎
・黒田清隆
・板垣退助
・乃木希典
・東郷平八郎
・山本権兵衛
等々……。

有能な人をドンドン登用し、また無能な人を切り捨てていった結果なんですかね。





そして今日は久しぶりに薄桜鬼しました。
斎藤さんルートをしています。
何回か失敗しつつもうひゃあ////ってなりました。

斎藤さんの様な方に守られたいです。
薄桜鬼の斎藤さん、現実にいたら気持ち悪くて逃げていると思いますが。

二次元だからああいうキャラクターは良いんですよ。
リアルでクーデレとかツンデレがいたらちょっとというかかなり引きます。

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

図解日本海軍+八重の桜+獄に咲く花~吉田松陰の恋~感想

まず、図説 日本海軍。
今日は日清戦争の所を読みました。

明治初期、海軍と言っても時代遅れの軍人(主に薩摩)が、非常に多く
まず、人事から始まります。

1894年、甲午農民運動が朝鮮で勃発。
それがきっかけで、清国との開戦を固めるためあれやこれやと動き始めます。
 ・仁川に上陸
 ・清国の中心の帰国後、王宮に乱入し親日は政府を組織・清国軍を追放

これが、戦争への大義名分となって行くんですねー

大本営は、【制海権を奪われる】という、最悪のケースも想定して戦って行きます。

まだ、戦争を戦い抜いた人たちが生きて、その人達が戦争の指揮をしているので普通ですな。
海戦が起こり、日清戦争が開戦となります。
ここで怒るのがイギリス。
ですが、国際法上は正当 としてお咎めなし。

今回、日本は、 西欧列国の観戦武官・従軍記者がいたため
【国際法を守れ】との通達があったりもしました。

また、戦闘は、単純・間違いがない、効率の良い ものを選択していました。
どっかの戦争とは大違い……だったりしませんか???
これは突っ込んではいけない。

また、山本権兵衛は伊藤博文達に反対して
・講話を結ぶ相手国
・太刀打ちできないから列国の武力交渉がないように
という点を指摘し、山本の考えが採用される。

能力主義、ですなあ。。。

そして、下関条約へ・・・・・・。
その際李鴻章を狙撃したのはどこの誰なのでしょうか。

日清戦争は終結するも、三国干渉があり、日本はまた戦争へと行ってしまいます。

民衆徹底抗戦団体を鎮圧擦るための義和団も派遣しますし。
その時、日本は列国と初めて対等の立場を獲得し、極東の憲兵として実力を買われたのである。
これは小村外交史に出ているらしいです。

ゆっくりゆっくり読んでいるため、未だ太平洋戦争まで行きませんw




そして八重の桜感想。
あああ、、、江戸無血開城、ですよ無血開城。
話し合いで平和的解決というのは珍しいことではありますが、結局戦争は続いてしまうし……。

江戸に向けられた火の手は東北にむけられ沢山の血を流す。
一年半近くの戦争がー待っていますよ・・・。

幕末話は鳥羽伏見辺りからみているのが辛くなってきますω;
もっと時間があれば、急ぎすぎなければ、と思うと本当に辛く感じます。




獄に咲く花~吉田松陰の恋~

松陰先生の野山獄にいたときの話です。
荒んだ獄の中でまるで異形の物の様に松陰先生は振る舞っていきます。
その中で、唯一の女囚・高須久と関係を深めていくのですが……。

松陰先生が高須さんに孟子とかの話をして、教えていて
もし本当にこういうことを女性にもしていたのなら良いなぁと。

あの当時女性に学が有ったら駄目だったんですから。


おやすみなさい♪
明日と言うか今日から仕事です;

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2013年5月の読書メーター
読んだ本の数:40冊
読んだページ数:7113ページ
ナイス数:60ナイス
本:19冊
漫画:21冊

5月は漫画の方が多かったようです(笑)
歴史人別冊 新撰組の真実 (ベストムックシリーズ・79)歴史人別冊 新撰組の真実 (ベストムックシリーズ・79)感想
新規の記事もあったが、殆ど知っていることでした。
読了日:5月29日 著者:
幕末散歩 2013年 05月号 [雑誌]幕末散歩 2013年 05月号 [雑誌]感想
知っていることが多かったのです。知らなかったことと言えば黒田清隆が土方戦死後に「これで戦争が終わる」と呟いた、と言われている。この点ぐらいか。スルーされがちな日野多摩方面が多く掲載されていて良かった。
読了日:5月26日 著者:
猫物語 (黒) (講談社BOX)猫物語 (黒) (講談社BOX)感想
羽川翼の部屋がないと言うのが納得できない。でも、親の色々な事情を見てよく分かった。羽川さんは、【いい人】を演じてるだけの子。マイナスの部分を全く見ないように生活しているだけ。自分をありのままに見つめることが出来ていない。
読了日:5月25日 著者:西尾 維新
新選組 (学研ムック)新選組 (学研ムック)感想
隊士の出身国が詳しく出ていたのは良かった。
読了日:5月23日 著者:
歴史REAL新選組最後の戦士 土方歳三と斎藤一 (洋泉社MOOK 歴史REAL)歴史REAL新選組最後の戦士 土方歳三と斎藤一 (洋泉社MOOK 歴史REAL)感想
みぃちゃんから貰いましたw 土方さんと斎藤さんが中心のため、箱館戦争や西南戦争に至るまで詳しく説明してあってわかりやすかった。組織変遷図がわかりやすくて、あ、こんな風になっていたのか、って。斎藤さんは名前を変えて旧会津藩士として最後まで武士として生きていったし、土方さんの死に様は武士そのもの。ただ、持っている物と殆ど変わらなかったです。まぁ頂き物なので売らないで線引いたりしますw
読了日:5月22日 著者:
新世界より 下新世界より 下
読了日:5月21日 著者:貴志 祐介
偽物語(下) (講談社BOX)偽物語(下) (講談社BOX)感想
キャラクター同士の掛け合いがもう少し減ったら、と考えたらそれだけでぞっとした。戦場ヶ原さんのデレ期到来! と言うのが一番良いところか。貝木泥舟、偽物だからといって本物にはなれないと言うわけではないと言う所が妙にしっくりと来た。後はやはり最後の「性悪説」の話であろうか。
読了日:5月18日 著者:西尾 維新
月明星稀-さよなら新選組 10 (ヤングサンデーコミックス)月明星稀-さよなら新選組 10 (ヤングサンデーコミックス)感想
伊東さんがでてきて終わった、と言うのが正しいのかそれとも打ち切りなのかは分からないですが、ちょっとぶち切れ感は否めなかった。甲子太郎がツインテールで女性的な風貌というのは色々な人が描いているけどここでもか!と。これは少年漫画に連載されていたのかな? 少女・女性向け漫画雑誌であればもう少し人気が出たかも。
読了日:5月18日 著者:盛田 賢司
偽物語(上) (講談社BOX)偽物語(上) (講談社BOX)感想
ファイヤーシスターズ、ちょっと飛ばしすぎですね。妹たちを「正義ごっこ」と呼ぶ暦の意図は読むことが出来る。作者がミステリ出身なので、この言葉にも更に裏がありそうです。物事は360度から見る必要がある。後、詐欺師の貝木だっけ、何だか振り込め詐欺をしている奴らのことを垣間見ている気がして、ああ・・・詐欺師ってこういう物なのかなって実感しました。
読了日:5月18日 著者:西尾 維新
月明星稀-さよなら新選組 9 (ヤングサンデーコミックス)月明星稀-さよなら新選組 9 (ヤングサンデーコミックス)
読了日:5月17日 著者:盛田 賢司
傷物語 (講談社BOX)傷物語 (講談社BOX)感想
羽川さんは同性から見ても完璧すぎて尽くしすぎて友達にしたくない。暦もあんまり好きじゃないし……。西尾さんの作品は暫く離れていたのでこんな感じだったっけと思ってしまったり。
読了日:5月15日 著者:西尾 維新
化物語(下) (講談社BOX)化物語(下) (講談社BOX)感想
阿良々木君が女に人気ありすぎ、と言う点は気にしないでおきます。西おさんって本当に色々な物を読んでいるのだなぁと思いました。小説、と言っても古今東西様々な物を読み込んでいるし、若い子ならではの会話の内容である漫画やアニメ、ゲームなどの話も出てくるところが好きです。
読了日:5月14日 著者:西尾 維新
月明星稀-さよなら新選組 8 (ヤングサンデーコミックス)月明星稀-さよなら新選組 8 (ヤングサンデーコミックス)
読了日:5月14日 著者:盛田 賢司
月明星稀-さよなら新選組 7 (ヤングサンデーコミックス)月明星稀-さよなら新選組 7 (ヤングサンデーコミックス)
読了日:5月14日 著者:盛田 賢司
月明星稀-さよなら新選組 6 (ヤングサンデーコミックス)月明星稀-さよなら新選組 6 (ヤングサンデーコミックス)
読了日:5月14日 著者:盛田 賢司
月明星稀-さよなら新選組 5 (ヤングサンデーコミックス)月明星稀-さよなら新選組 5 (ヤングサンデーコミックス)
読了日:5月12日 著者:盛田 賢司
月明星稀-さよなら新選組 4 (ヤングサンデーコミックス)月明星稀-さよなら新選組 4 (ヤングサンデーコミックス)
読了日:5月12日 著者:盛田 賢司
月明星稀-さよなら新選組 3 (ヤングサンデーコミックス)月明星稀-さよなら新選組 3 (ヤングサンデーコミックス)
読了日:5月12日 著者:盛田 賢司
月明星稀-さよなら新選組 2 (ヤングサンデーコミックス)月明星稀-さよなら新選組 2 (ヤングサンデーコミックス)
読了日:5月12日 著者:盛田 賢司
月明星稀-さよなら新選組 1 (ヤングサンデーコミックス)月明星稀-さよなら新選組 1 (ヤングサンデーコミックス)
読了日:5月12日 著者:盛田 賢司
化物語(上) (講談社BOX)化物語(上) (講談社BOX)感想
西尾維新節全開なのが良いところ。ひたぎがなかなか良いキャラを出しています。「俺いい男だろ」みたいな所を見せつつもへたれだったりする暦が人間らしい。後は下手にハーレム物にしないで行ったところは好感を抱きました。
読了日:5月12日 著者:西尾 維新
新選組三部作 新選組遺聞 (中公文庫)新選組三部作 新選組遺聞 (中公文庫)感想
八木家の方々等、新選組に関わっていた方の話が興味深い。ただ、創作であったり記憶違い、盛った、と言う部分もあるだろうしそもそも史実か創作か、この区別は出来ない。関係者からの聞き取りと実際の資料、そして作者の考えや主観が入っているため、史実ではない、史実ではないと何度も言い聞かせて読みました。
読了日:5月11日 著者:子母沢 寛
ひなたの狼 5―新選組綺談 (バーズコミックス)ひなたの狼 5―新選組綺談 (バーズコミックス)
読了日:5月11日 著者:斎藤 岬
ひなたの狼 4―新選組綺談 (バーズコミックス)ひなたの狼 4―新選組綺談 (バーズコミックス)
読了日:5月11日 著者:斎藤 岬
ひなたの狼 3―新選組綺談 (バーズコミックス)ひなたの狼 3―新選組綺談 (バーズコミックス)
読了日:5月11日 著者:斎藤 岬
ひなたの狼-新選組綺談- (2) (バーズコミックス)ひなたの狼-新選組綺談- (2) (バーズコミックス)
読了日:5月11日 著者:斎藤 岬
ひなたの狼-新選組綺談-(1) (バーズコミックス)ひなたの狼-新選組綺談-(1) (バーズコミックス)
読了日:5月11日 著者:斎藤 岬
長州ファイブ 2 (B’s LOG Comics)長州ファイブ 2 (B’s LOG Comics)感想
これで終わりなんですか……。まぁ伊藤井上がメインになるのは有名だからしょうがないとして、も……。もっと長く描いて欲しかったです。主に英国側の三人を。。。元々は映画らしいので映画借りてきます。
読了日:5月11日 著者:ユキムラ,五十嵐 匠
新選組隊士烈伝 (双葉社スーパームック)新選組隊士烈伝 (双葉社スーパームック)感想
新選組のあらましを知るには丁度良い。フルカラーで1700円というのが高いのか安いのかは分からないです。ただ、新選組の入門書には新書とかに比べたら読み易いし、丁度良いです。中島登の戦友絵巻が好きです。
読了日:5月10日 著者:
長州ファイブ 1 (B’s LOG Comics)長州ファイブ 1 (B’s LOG Comics)
読了日:5月10日 著者:ユキムラ,五十嵐 匠
幕末burst!!~新撰組~ (IDコミックス DNAコミックス)幕末burst!!~新撰組~ (IDコミックス DNAコミックス)
読了日:5月10日 著者:
Tales of Innocence -テイルズ オブ イノセンス- 2 (ジャンプコミックス)Tales of Innocence -テイルズ オブ イノセンス- 2 (ジャンプコミックス)
読了日:5月9日 著者:海童 博行
Tales of Innocence -テイルズ オブ イノセンス- 3 (ジャンプコミックス)Tales of Innocence -テイルズ オブ イノセンス- 3 (ジャンプコミックス)
読了日:5月9日 著者:海童 博行
Tales of Innocence -テイルズ オブ イノセンス- 1 (ジャンプコミックス)Tales of Innocence -テイルズ オブ イノセンス- 1 (ジャンプコミックス)
読了日:5月9日 著者:海童 博行
歴史REAL vol.7 ~特別保存版:幕末維新入門 (洋泉社MOOK)歴史REAL vol.7 ~特別保存版:幕末維新入門 (洋泉社MOOK)感想
前半はわかりやすかったけれど後半は偏見とかあります。まだ詳しくは読んでいませんが、殆どは知っていることだったなぁ。
読了日:5月8日 著者:
新選組戦場日記―永倉新八「浪士文久報国記事」を読む新選組戦場日記―永倉新八「浪士文久報国記事」を読む感想
新撰組顛末記と異なっている部分もあり、どちらが正しかったのかな、と考えてしまった。「浪士文久報告記事」自体も明治時代になってから永倉が書いた物ですが、顛末記よりも先に書かれているだけあってこちらの方が正確かな、と思います。原文と現代語訳、解説が出ていて非常に読み易かった。幕府側だけでなく、薩長はこの時こういうことを考えていたのかな、とかも考えながら読むと面白い。
読了日:5月7日 著者:木村 幸比古
新世界より 上新世界より 上感想
不思議な世界に引き込まれていった。一人足りないけど自然に話は進んでいくし……。また生態系に関しても綿密に練ってあって異形のものを必死に想像しないようにしていました。読了後、疑問が残ってもやもやとして、早く続きが読みたいです。無邪気さも残酷さも何もかもに惹きつけられた。 ※ここの感想でアニメ化されたことを知りましたが未視聴です。
読了日:5月6日 著者:貴志 祐介
幕末・維新 群雄ビジュアル百科幕末・維新 群雄ビジュアル百科感想
あらましを知るのは丁度良いです。藩主のページには、藩の歴史も少し書いてあるし、系図もあるからそこは良かったかな。
読了日:5月5日 著者:藤田 英昭
ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編〈上〉 (アルファポリス文庫)ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編〈上〉 (アルファポリス文庫)
読了日:5月5日 著者:柳内 たくみ
FINALΦFICTION 前奏曲FINALΦFICTION 前奏曲感想
芸術が禁じられた世界と言う世界。ありきたりであるが、「お兄ちゃんは~」というどう考えてもくだらなくて単純そうな物でも【芸術】に飢えている人に取っては素晴らしい話に感じるのは当然であろう。だからこそ≪禁書≫となった。最後の歌、歌詞が分からなくなっても歌おうとするところは良かった。
読了日:5月1日 著者:CLΦSH

読書メーター


長州ファイブが気に入りました。
特に伊藤博文さんと井上勝さん
映画は山尾さんがメインでした。

新世界よりはさすが貴志先生と言うところでしょうか。
悪の教典も貴志先生だったのね。
映画と本、借りてこようっとwww

上洛+図説日本海軍感想ほか。

昨日上洛してきましたっ!!!

今回行ったのは、
・池田屋はなの舞
・壬生
・霊山歴史館
・霊山護国神社
・祇園商店街

です。

壬生では新選組と幕末のクリアファイルを買いました。
見てるだけでも楽しいです♪

1370104633504.jpg


BLrzedWCEAA3HyL.jpg


その後は、霊山歴史館・霊山護国神社・祇園へ……。
まず、霊山歴史館

あそこの館長は、龍馬が好きなんでしょうか???
持ち上げすぎ感が漂ってました。。。
うーん……。私の好きな人たちはあまり資料がないのか、それとも公開していないだけなのか。。。
後、今年は奇兵隊も結成150周年なんだから何かして欲しい。

萩とかでは何かしてるのかな……。

その後は霊山護国神社へ・・・・・・。
メインは幕末維新の官軍と太平洋戦争の戦死者が一部、と言った所でしょうか。
高杉晋作とか大村益次郎の墓がどこにあったか分からなかったwww
あううううううう

ま、長州は長州五傑以外はあまり興味がありませんが……。

そして祇園商店街へ……。

買い物めっちゃしましたwww
と言っても5000円ぐらいしか使ってないけど。

BLrfRbrCcAEymo9.jpg

ちっこい金平糖。
何故こんなに小さくしたか問いたい。

BLrzUAfCYAA8KiN.jpg

日本酒ゼリー。
日本酒飲んだこと一回しかないよ~。

BLrzYgcCQAAlgyl.jpg

シュシュ♪
髪飾り毎回買ってる。。。

BLrzkOMCYAAu0Ky.jpg

練り香水。
落ち着いた香りの沈丁花。
沈丁花良いよねっ!!!


そして、図説日本海軍、新政府になった部分だけ読みました。

海軍と陸軍が明確に別れたのは、明治五年のこと。
ただ、
新政策の実施(版籍奉還・廃藩置県・徴兵令など)の実施
農民一揆を抑えるための陸軍
が先となり海軍は後回しになります。

農民一揆だけでなく後には佐賀の乱、萩の乱、西南戦争が起きているためてんてこ舞い。

海軍は軍艦の製造・維持・管理にも非常に金がかかるため後回し。。。
(国内に火種がある状態で国防というのも無理な話)

明治八年にようやっとイギリスに軍艦発注。
また、壬午事変甲申政変が起き海軍が必要ともなり拡張へ。

そしてやっとこさ海軍軍備拡張始めるも、清が来たら清のが強い軍備持ってます。。。
やばいと思って1万トン超えの軍艦の準備も開始しますが、四隻とも日清戦争には間に合わず、開戦。
開戦後からは後でゆっくり読みます。


テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

図説 日本海軍 感想他

「図説 日本海軍」の幕末~戊辰戦争終結の部分だけ読みました。

BLl_9TJCAAAKTMX.jpg


1853年、ペリーの来航後の三ヶ月後に大船建造の禁を廃止し、軍艦の購入・受注が可能になります。
1855年には長崎に海軍伝習所を設立。
幕臣・雄藩武士などが、そこで学ぶこととなります。
教授は日本人ではなく、オランダ人で、授業は全て蘭語で行われました。
ペリー来航後僅か二年後のことでした。

1857年には観光丸を長崎から江戸まで日本人の手で回航。
その後咸臨丸も江戸へと回航させます。

ただ、尊攘運動の危険から守るため閉鎖され、築地軍艦操練所が中心となる。

咸臨丸は、アメリカへと航行することになります。
行きはアメリカ人が回航させますが、帰りは日本人のみで帰還。
日本人初の太平洋横断となります。

文久三年5月には長州藩が攘夷を決行するも、下関戦争が起こり失敗。
薩摩藩も薩英戦争で攘夷の無謀さを知ることとなる。
この時期から、公武合体派尊皇攘夷派の二派に別れ始める。

慶応4年の戊辰戦争。
3月26日に初の観艦式が行われるも、その後すぐ江戸開城となる。
旧幕府海軍は、最初こそは新政府軍よりも実力が上であったが、
・江差での開陽丸沈没
・新政府軍に更迭が引き渡される

により、実力が逆転。

戊辰戦争後、旧幕府軍の保有した軍艦は新政府軍の物となる。

何というか、かんというか……。

やっぱり幕末の海軍の中心は幕府であったことを再認識させられました。
ちなみに日本海軍造船のメッカとなった
横須賀製鉄所は元々幕臣の小栗忠順が作らせた物だったりもします。
結局新政府だけでは海軍をまともに運営するだけの実力が無かった点、ここからも伺えます。

この本のつづきは日清、日露・太平洋戦争と続いて行きます。


太平洋戦争は、読むのが辛くなりそうです。

昨日調べた物を載せたけど、何だかなぁ、というところ。
彼らが超エリートなのは認めますが・・・。

父親や祖父が

・薩長土肥出身
・幕臣出身
・名軍師

だから何だというのだ。。。


突っ込みを入れたくなりましたたたたたたた。。。

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

| ホーム |


 BLOG TOP