FC2ブログ

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

「先生の御庭番」ほか

早く来ないかなと思いながら・・・・・・。
朝井まかてさんの「先生の御庭番」読み終わりました。
何だか長かったです。
小ネタの一つ一つは面白いのですが、繋がって読むと「うーん」と言う印象。
熊吉は良い子すぎるし・・・。
熊吉やめさせて無理やり入ったあの子は一体・・・・・・?

今は「剣客春秋」を読んでいます。
里美さんやっぱり恰好良いよ里美さん。
いつ読んでも登場シーンからイケメンな里美さん。
私、登場シーンで毎回里美さんに惚れているような気がするのですが……。
ああいう女性好きなんですよね。
男勝りな女性が一番好きです。
と言うかそういう女性以外はあまりキャラクターとしても好きになれないです。
男勝り最強伝説私の中ではあります。


後、ここ最近雑誌の整理を始めました&いくつかの記事を無限回収しています。

・羽生君、プルシェンコ、本田武志さんの記事
・うたプリ、薄桜鬼、遙か5、十三支演義の記事
・妻夫木聡、津田健次郎の記事
放置されている上記の記事がありましたら、ご連絡願います。

グッズとかも期限なしで回収していたりするので「こんなグッズ放置されてるよ」
「お邪魔してるよ」と言うのがあったらご連絡ください。

本当欲しい物が多すぎるので・・・・・・。
AGFのうたプリポーチも予約決定です。
ポーチ切れちゃったし、汚れちゃったし……。
サーカスの可愛いし、パッと見「うたプリ」って感じが全くしないのでいいなぁ、と。
女性向けのグッズって普通の人が見ても分からない様なおしゃれなグッズ多いですよね。

あーやること溜まってて辛い。
全部やりがいがあるから続けられるんだけど、切れたらぷちっと切れてそのまま動かなくなるかも(笑)

スポンサーサイト



読書ほか

「先生の御庭番」

これ、あまり面白くないですね。
でも勝手に木を移動させたりなかなか面白い事はしていますね。
土団子の中に種を入れて乾燥しにくくして阿蘭陀へ送るという試みとか、細かいところは興味深いです。
「庭師」の話なので、特に何か大きな事件(殺し合いとかファンタジックな何かとか)が起きるわけでもないので、そういうのを期待している人にはお勧めできません。
つーか熊吉サバ読み過ぎでしょ。5歳もサバ読んででも、気に入られて・・・・・・。
何だかとってもズルい。
私も3歳サバ読みしていた時期はありましたが……。

後、オランダでも植物が育っていたのは良かった。

早く「剣客春秋」を読みたいです。
好きだったのですが、どこまで読んだのか忘れてしまいました。
桜庭一樹のゴシックも止まっています。
桜庭一樹と言えば「私の男」は衝撃的でした。

友達へのプレゼントを作り終わったら、裏語薄桜鬼も再開したいし、うたプリもまだ全√攻略終わってないです・・・・・・。
DebutとAll Starもまだ未プレイです。
All Starは続編も予約済みなので早めに終わらせねばとは思っているのですが、なかなか時間が無くて手つかずのまま放置されています。

ワードの勉強もしたいし色々とビジネス関係の事にも興味があります。
後はもっと合理主義者になりたいです。
今でも結構合理主義者な部分はあるかもしれないのですが、自分の中ではごく普通なので、全く分からない感覚です。

お順&買い物

遅くなりましたがお順を読み終わりました。
なんでこんなに読んでる人少ないの???
割と面白いんだけど…。
しかし、お順ちゃんの男運の無さは天文学的と言ってもいいかもしれませんね。
最初の男 島田虎之助 は祝言の前に病死。
結婚した佐久間象山は暗殺される。
二度目の結婚相手の村上俊五郎は口だけのろくでなし。
ここまで行くと天文学的ですよ、本当。

象山先生と一緒に居た時が一番幸せだったように思います。
虎之助さんと結婚したらどうなっていたかなぁ……。
あ、あと、お順さんは割と天真爛漫で破天荒なところがあるからある程度歳の離れた男性の方が合うと思うんですよね。
勝海舟も年上女性と結婚していますし。

後はお買い物です。
うたプリ通販とか、新作グッズとか、羽生くんの写真集とか買いました♪

羽生くん相変わらず可愛いです(´ω`*)


写真&衣装展行きたい......
声優の津田健次郎さんのにも行きたい......。

津田さんがあんなに私好みだとは知らなかった(笑)
最近羽生くん、津田さん、妻夫木さん好きです←

P.S 9応募しました。
いい加減自分から動かないとまずいなぁと思いまして←
受かってたら仕事と勉強と趣味がメインになるからブログにも出てこられないかもです。。。

うたプリドラマCD、お順ほか

うたプリドラマCD

とりあえずデビューCDの分は全て聞き終わりました。
那月&翔&藍はなっちゃんの天然記念物級の天然にはドン引き&可愛いの二つです。
あそこまで行ったら天然記念物です。
美風藍ちゃんはツンツンで翔ちゃん曰く天然。
と言うか、あの三人の中で一番の常識人は翔ちゃんのような気がします。

那月の方が年上ですが、翔の方が年上に見えるんですよね。
翔が大人っぽいというよりも、那月が他の人より少し幼い設定なのでしょうか。

蘭丸先輩、レン様、まぁ様はいつもどおりです。
というかレン様とまぁ様は執事かメイドなのでしょうか。
蘭丸先輩も最初は断ってても最後にはあの奉仕を受け入れてるし。

御曹司&元御曹司の差の大きさはやはりしょうがないのでしょうか。
というかあの後輩御曹司はいくつ蘭丸先輩のために食材を取り寄せたの!?!?
さすが御曹司は違うなぁwww
暴れサルに取られたところはとほほとしか言えませんね。


あ、後まあ様の割烹着想像したら萌えた。


嶺ちゃんトキヤ音也はいつも通り振り回されるトキヤが可愛いですwww
でも彼は大人ぶってクールな振りをしているようにしか思えません。
本来の彼はトキヤとHAYATOの中間ぐらいのキャラな気がします。
違うかなぁ?
しかし懇親会忘れて夜中に始めてしかもから揚げは無いでしょうよ。
ここは野菜スティックとかの方がいいと思うのですが?
更にトキヤは太りやすい体質とかもう、ね。。。
あ、あと嶺ちゃんもASASのイラスト見る限り、以前のイラストより太ってますよね。
なんだかんだ言いつつ音也が一番鍛えている感じなのでしょうか。

どのドラマCDも、ゲームやアニメ本編とは違った表情がみられて面白いです。
キャラがみんな立ってるので今更飾り立てる必要がないからかしら・・・。

シャッフルユニットも音也&嶺二・藍&翔&真斗・蘭丸&セシルの分は聞きました。
音也と嶺二はいつも通りです。
ちなみに私は告白されたら嶺二の方がいいですね。単純に大人なので。
嶺二は色気も知性も常識もありますものね。
(アンソロで音也に足りない物の話より)

藍&翔&真斗は何だかかわいい。
と言うか「帽子の君」「消しゴムの君」ってなんですかそれ。
しかしあの藍が恋、は何回聞いても想像つかないです。
藍が恋?ってずーと考えて、やっぱり合わないや、駄目だってなってあきらめました。
彼は恋とかなしでつっけんどんでいてほしいです。
せいぜいツンツンツンツンツンデレぐらいが・・・・・・。いいなぁ。

蘭丸&セシルはかみ合わない二人が良いです。
最初セシルが蘭丸の事を誉めまくってて可愛いなぁ、って思っていました。
調子狂うと言いながらも二人で一緒にいるのが素敵ですね~。

「お順」と言う小説も読み始めました。
お順さんはやっぱり気が強い・・・・・・。
まぁ、豪気な父親(勝小吉)と切れ者の兄(勝海舟)と同じ血を持っているので、あんな感じなのでしょうか。
しかし8歳で20歳程度年上の人に恋?はないと思います。
父や兄と違う男性だから何となく気になる。剣が強いところも恰好よくて、一緒にいると知らないことを教えてくれる、楽しい、程度の感覚かと思います・・・・・・。

まぁ、お順さんはどこか大人びていますが(と言うか物語上の子供ってありえないぐらい大人っぽかったりしますよね。もっと単純じゃないのかな、と思うことも多々あります)

小太刀の先生が虎さんじゃなくて怒ってるところとかかわいかったなぁ~。
でも剣術の達人が小太刀を取るのはおかしいですよね。

まだ読み終わってないのですが、ちょっと一気に読もうかなと思っています。

新選組黙秘録「勿忘草~山崎燕編~」 & 「京都守護職始末」 ほか

新選組黙秘録「勿忘草~山崎燕編~」

これ、何だかエロいです。


ジャケット見た時も肌蹴た着物だったので、まあ、若干そういう要素はあるのだろうと思ったらとんでもない。
耳元のささやきとかこっちまでドキドキしてくる臨場感があります。
話としてはまぁ、池田屋後、新選組内に下女が入ってきて恋愛に発展するという横道な恋愛時代劇の一つです。

しかもその下女は池田屋で両親を新選組に殺された?とか言う設定だったと思います。

(池田屋及び不逞浪士には関係ない? 良く分からない......。)

甘い+色っぽい+エロいので、大音量で聴くのは恥ずかしいです。


最後に声優さんのコメントが入っていたので聞いたのですが、

どうやらダミーヘッドマイクと言うので録音しているらしく、
これで録音すると耳元でささやかれいてるように感じたりするらしいです。


それでいつもよりエロかったのね……。



土方歳三編も聞いたのですが、これもなかなかエロかったです。

黙秘録の新作? 新シリーズ? では、伊東甲子太郎とかもあるみたいでこれまた楽しみです。


声優さんの色っぽい声や幕末の雰囲気を楽しみたいという方にはお勧めです。


「京都守護職始末」

面白いのですが、長いです。
もうすぐ全編終わりますが、メモ取りながら読みたい感じです・・・・・・。
出来れば本に直接メモ取ったりしたいのですが、図書館の本なのでそれは出来ないのですω

その他いろいろ~

うたプリのドラマCD聴いていました。
「うたの☆プリンスさまっ♪ Debut ユニットドラマCD」のカミュ&セシルです。

あの二人はもう「……」としか言いようがないです。
第一王子と伯爵なら王子の方が位は上のはずですが、
国が違うからなのか、カミュ>>>>>>>>>セシルってなってて面白い。

シルクパレスは北欧あたりがモデルでアグナパレスは中東あたりがモデルなんでしょうか。
二人のお国自慢のシーンは思い切り笑わせて貰いました。
「砂漠は熱いだけ」「氷の国は寒いだけ」って面白すぎる。
でも砂漠の夕日や月は美しいし、氷の国の白夜なんかも美しいですよね~。
オーロラも捨てがたいし、砂漠に立つラクダとかも・・・・・・。
結局どっちの方が良いかなんて決められないんですよ。

その後もカタコトの日本語がどうだとかコーヒーに砂糖入れるとかホットミルク冷ますとか可愛い二人ですね~。
正反対だからこそうまくいきそうな二人です♪

セシルの曲は、すごく好きです。
星のファンタジアとEternity Loveの二曲が特に。
メロディラインが壮大でバレエとかフィギュアにこれまた合いそうなんですよ。
誰か振り付けてくれないかな~←
あ! もちろんトリプルアクセルを軽々と←決めるカミュに踊っていただきたいですね。
もうトリプルアクセル+永久凍土の国出身+金髪とか何回聞いてもプルシェンコしか出てきません←

ちなみに、カミュ役の前野智昭さんと私の誕生日は同じですwww


Play List の作成もしました。
うたプリの「夢追人へのsymphony」と「未来地図」は絶対に外せないです。
最近は、指田郁也さんの「花になれ」とミスチルの「ハル」にはまってて、毎日聞いてます。
指田郁也さんの「花になれ」は羽生君がエキシビションかアイスショーで使っていて気に入りました。
「ハル」は友達の影響です(笑)
他にも、うたプリ楽曲ほぼ全部とそのピアノ版一部とか、
水樹奈々さんとかバンプとかジャンヌとかアシッドとか吉岡亜衣加さんとかいろいろと入ってます。。。

読書 & 買い物

この休み読書しました。
「死ぬことと見つけたり」読み終わりました。
残念なのが作者の隆慶一郎氏が死亡のため未完という悲しい現実。

「武士道は死ぬことと見つけたり」という有名な一節は「葉隠」という鍋島武士道にあります。
しかし隆先生の描く小説は中毒性がありますね。

隆さん、「つまらないと言っていた『葉隠』は面白くなりましたよ」
これは最後私も言いたくなりました。

杢之助さん凄い好きです。
あの行動力だったり率いている気がなくても浪人が後ろについて行ってたり素敵すぎます。

大猿つれてる萬右衛門だっけ……も好きですね。
メインの二人が素敵だし、脇役も皆素敵です。

あ、後船酔いの気持ちは良く分かります。
船酔いは船内だとだんだん空気悪くなるし、外だと風は気持ちよくても潮の香りでやられるんですよね……。


今は山川浩他著「京都守護職始末」を読んでいます。
山川浩は生き方が凄く好きな人です。

新政府軍に入っても会津の心を忘れなかったひと。
左腕が不随?になっても戦う気持ちを忘れなかった根っからの軍人なところ。
出世とかよりも生き方が大切だと言っていたところも好き。
あんなに殿の為に死ぬと言っていたのに、生きようと足掻き藻掻き苦しむところも好きですね~。

でも薩長に対する恨みは忘れてなかったし、そういうところは西南戦争とか佐賀の乱とかでしっかり果たしたのかな?
まわりには恨まれまくって「あんなのを出世させるのか」とか言われて肩身の狭い思いをし続けてきて......

それをかばって「こいつは軍に必要な人材だ」と認めさせた谷千城も強いよ。
二人の(ちょっと奇妙な)友情も素敵です。

しかし戦争で戦いあった相手と後に親友になるなんて二人とも思ってなかっただろうな・・・←


後は買い物しました。
買い物大好きです←

ワールドフィギュアスケートとガルスタとオトメイトマガジン♪
ワールドフィギュアスケートは安定の羽生君可愛いな・・・です。
でも個人的には小塚さんに頑張っていただきたい。
彼のあの柔軟性の高い演技が好きです。

ガルスタはうたプリと薄桜鬼の新作楽しみすぎます!
まさかのカミュが若干甘そうですね。
あ、もう既にうたプリASASは予約してあります。
後シャイニングストアのグッズも一部予約しました。
サコッシュとバッグが楽しみです。
ポーチ処分したので、AGFのボックスポーチも予約予定です。

音楽のプレイリストも少し作りました。
それはまた今度話します。

裏語薄桜鬼 暁の調べ ~坂本龍馬√~

 正直このエンディングはなしです。薄桜鬼の土方√を求めるのがいけないのですかね。
坂本は幕末の中でもかなり人気なので、土方√のような話を期待していました。
でも、近江屋事件が無い、と言うのはおかしくないですか?
寺田屋はあったのですが。
もしくは、まだ近江屋まで行っていないという設定なのでしょうか……。

どちらにしろ納得のいかないエンディングです。
久坂ルートみたいに甘いシーンも少なかったし……。

後はやっぱり持ち上げすぎ。
薄桜鬼ってこんな話だっけ……って思いました。
淡々と話される史実の中に混ざるラブシーンが印象的だった私としては梢ちゃんが「龍馬さんは凄い」ばかり言ってて食傷気味な部分がありました。 

良かった点
薩長同盟が中岡慎太郎発案になっていたところ。
坂本が発案したとなっている小説やドラマも多いので・・・。

勝先生が坂本のおでこに「うるさいっ!」って扇投げつけたところは笑いました。
しかもクリーンヒット。
勝先生の梢ちゃんには優しいけど、坂本には厳し優しい感じで良いですね。
勝先生と龍馬の関係も割と好きです。





「龍馬は蝉が全部息を吹き返したよりやかましい」とか面白い(笑)
この二人の会話聞いてたら「あー目の前に勝先生と坂本がいる」ってずーっと思ってました。

梢ちゃんが操練所で船扱ったり剣術指南してるところは好きです。

全体的な感想としては、一つ一つのシーンは良かったのに、話になると長くてつまらない。
性格は男気の溢れる、あ、いいなと思えるようなキャラですね。
台詞が本格的な土佐弁だということもプラスなのですが、他のキャラクターがそこまでなまってないのに、
坂本龍馬だけなまっていて良いの?と言う感じです。

梢ちゃんと坂本はあの後世界中回って結婚するのかなぁ……。
あんまりお似合いって感じはしないなぁ。
久坂と梢ちゃんはすっぽり当てはまるんだけど。

「維新銃姫伝 会津の桜 京都の紅葉」&「サンドリヨン」

藤本ひとみ「維新銃姫伝 会津の桜 京都の紅葉」と
シグナルP原作の「サンドリヨン(シンデレラ)」を読みました。
そして今隆慶一郎の「死ぬこととみつけたり」を読んでいます。

「維新銃姫伝 会津の桜 京都の紅葉」
私の山川大蔵好きを再実感しました。
幕末~明治の会津で一番好きな軍人が山川大蔵です。

誰かに軍服着せて谷干城&山川大蔵の二人をして頂きたいぐらい好きです。

話は幕末~明治の会津とあって、滅びの美学あり、散り際の美しさあり、士族の反乱での命がけの反乱有り、と盛りだくさんでした。
山本覚馬も割と好きですね。
覚馬の奥さんは会津に残って、覚馬は京都にいて女囲ってるとか
奥さんかわいそう(別れたとは言っても)

でも、やっぱり山川大蔵ですよ。
城から脱出するとき、たくさんの部下を死なせて、命からがら左腕を負傷して逃げてきて、「次は絶対勝て」って言われるし、昇進して少佐から中佐になってるし。
「あいつは会津だから気をつけろ」って何回も言われてるし。

「今日を限りに陸軍を辞任致します」
この山川さんに惚れた。
ガチで惚れた。
格好良いにも程がある。

でも、最後には谷さんに説得されて、援軍引き連れて熊本城まで行くんですよね……。
谷さんへの旧恩に報い、更に会津人として薩摩に報復をした、というのが正しいのでしょうか。

西南戦争をはじめとする士族の反乱は色々な意味で必要だったと思います。
これがあって、新政府もまとまることができたし、賊軍だった人たちも官軍として戦うことができた。
西南戦争の時の会津人は、やたら意気揚々としてたという記録も残っています。

山川大蔵(のちの山川浩)が書いた「京都守護職始末」早く読みたいです。

後はボカロ小説のサンドリヨンを読みました。
サンドリヨンも面白かったのですが、後半の古代エジプトが舞台の小説(ロドピスの靴)の方が私は好みです。
あの話は「第二のシンデレラ」とも呼ばれていますね。
(あまり有名ではないかもしれませんが……。私もロドピスの靴を読むのは二度目です)

シンデレラは、カボチャの馬車が出てくるシャルルのが一番好きです。
カボチャの馬車乗りたいけど、カボチャの匂いが漂ってそうで嫌だなぁ。


後、私的なお仕事が片付いたので、裏語薄桜鬼&うたプリもまたガッツリプレイできます♪
裏語は龍馬√終わったので、後程感想書きます。
しかし、みんな言ってるけどあのエンドはひどすぎる・・・・・・。

あのエンドはなしです。

| ホーム |


 BLOG TOP