FC2ブログ

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

「Fate/Zero」はノレない

「Fate/Zero」を読んでいますが、ちょっとノリが悪いです。
面白いのですのが、あまり私好みではないです。
頑張って読んでいるというのが正しいです。
でも、戦闘シーンとかは好きです。
最後どうなるのかなあ・・・・・・。
BGMがずっと椎名林檎嬢なのは内緒。。。


「本能」が最近好きです。

後はドビュッシーの「アラベスクNo.1」をひたすらリピートしてました。
素敵すぎる曲。。。

「愛しのあなた」が好きで仕方がない。

メインの登場人物はこの4人です。
主人公(あばずれ女)
男1
男2
男3

まあ、流れは予測付くと思うのですが、主人公は男1が好きだが、男1は主人公の事を何とも思っていない。
ある日男2に主人公が男1を好きだという事がばれてしまい、それを隠してもらうために、主人公と男2が関係を持つ。
次の日男1と関係を持ったとき、主人公に見覚えの無い跡があり、男1は「他の男でもいいんだろ」と一蹴。
悲しみに暮れる主人公を助けた男3とも、関係を持ってしまい--と何とも昼メロ的な展開になって行きます。

最後は結局主人公が男1に全ての事情を話して、逆プロポーズまでして、結ばれるんですけどね^^;
どこかでみたことある関係だなあと思ったら、リアルに一人の女を三人で狙っているというのが有りまして・・・何だか思い出してしまいました(笑)



BGMはこの曲だけど……。
スポンサーサイト



「Fate/Zero」

「Fate/Zero」を読み始めました。
二巻まで行ったのですが、ノリが悪いです。
アイリスフィールがとりあえず好きです。

あの二巻、今日中・・・は無理でも今日明日中には読み終わろうかと思います。
雁夜語りなんかもすごくよかったです。
虚淵玄さんの文章力とスピード巻もすさまじい。
1巻最後の倉庫戦なんかもよかったし、雁夜の、「もっと強引に結婚を止めたかったと言う思い」なんかもすごく伝わってきた。
雁夜は「意味不明」な性格だし、人一人を助けるために頑張ったり・・・なんかもうとにかくすごい。

そうとしか、言い難い。
精神的な問題も強すぎる。
「あの人、大丈夫? かなり、変です」と言いたくなる様なキャラでした。

他のキャラも魅力的で良いねえ。
切嗣なんかも好きよ。







大切な人のイメージソング。
ドビュッシーの「アラベスク第一番」
繊細で流れる様な美しさと優しさ、途中からあふれ出る強さ、ひたむきさ。
作品全体を通して深く感じる色気……。
その全てを総合してある方のイメージソングだなと実感しました。

ドビュッシーは独特の雰囲気があるので、ミステリアスで色気のある方によく似合います。




これも大切な人のイメージソング(上記の方とは違います)
すごく重要な時に、私が泣きついた人です。
怒りっぽい部分もあるけれど、すごく丁寧で、人の気持ちをよく理解する心の温かい人。


BLUE×PRISM HEART - Hijirikawa Masato 投稿者 celeste_twit

さ、これ聞いて元気だそう!

「ゴールデンスランバー」

伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」
すごくすごく面白かったです。
本当一気でした!!!
The Beatlesのゴールデンスランバー(メドレーのほうですが)を聞きました。

実際の「Golden Slumbers」という曲は2分ぐらいしか無い曲だったと思います。
解散前の亀裂の入ったビートルズと亀裂の入った主人公たちを重ね合わせていて素敵。

「セキュリティポッド」と言う物が置かれた監視社会で、「首相暗殺の容疑」をかけられ必死に逃げる主人公。
主人公達を信じる登場人物達と、主人公を追い続ける警察、マスコミ。
「嘘」の情報までもが大量にマスコミに提供される――。

第一部と第二部を読み、「青柳」が犯人だと刷り込まれます(マスコミの刷り込み)。
第三部で、疑問が生じ、第四部で、事件当時へと時間が戻る。
現在と過去(伏線)が上手く交差している所も良い(伊坂ワールドですね)
かつての恋人が、助けようと奔走するのも良い人選です。
(普通なら現在の恋人だったり・・・振られる場合もあるけれど、とか、大親友とかが多いんですが・・・
最後の最後に「あー」となりました。ここで、かと。)


作中に何度も出てくる曲です。



映画の方も評価が高いので、見たいと思います。


「Fate」好きな友達から「Fate/Zero」借りた~♪
サンホラのRomanも読みたいし、「罪と罰」も途中までしか読んでないし、後、、、うたプリ見終わって無いし、、、。
帝國スタア キネマトグラフもあるし、伊坂幸太郎他にも読みたいし、綾辻行人の館シリーズも全部読んでないwww

ストロベリーナイトも見たいし、ダウントン・アビーと、ギルティ・クラウンもあるし、溜まりすぎだなあ。。。
シチュエーションCDもどんどん増えてるよ。新しい新選組のが出るみたいだからね←
後は神宮寺さんに抱きしめられたい←

「匂いまで愛されるCD 薔薇の香水師」「ゴールデンスランバー」

まず、「匂いまで愛されるCD 薔薇の香水師」6,7を聞き終わりました。
伏線の回収、目立つところはしっかりと回収されてますが、やや粗が目立つ……。
ただ、良作なので良かったのでは?と思いは出来ます。

んーでも、私、しばらく聞いてなかったので、話を忘れてしまいまして、、、同時期の話で有る4巻からしか覚えてないのです!!!
こ、これはもう一回聞かねば!と言う感じで、来週辺り時間が出来たらゆっくり7巻聞こうと思います。
個人的にはセイラン大好きです。
「過去は過去、今は今、これからはこれから」と言ってあげたいです。
個人的に良かったのは「子どもの視点で見て感じたことと大人の目線では違う?」こんな感じのセリフです。
もの凄く印象に残っています。

61g7Qkh+J-L.jpg

最終巻本当良かった!!!
でも、やっぱりRejetのドラマCDが好きだなあ。

今日は3.11なので、「帝國スタア」聞きます。
去年の3月11日は「参番星: 参邇 (声:梶 裕貴)」を聞いて号泣してしまって、今年も同じのを聞こうかなぁと……。



「DIABOLIK LOVERS」とかもいずれ聞いて見ようと思います。




後は伊坂幸太郎の「ゴールデンスランバー」を読み始めました。
BGMに椎名林檎が合いそうな感じ。
後ポール・マッカートニーが頭から離れないです。

首相暗殺の犯人と黒幕は一体誰なのかなあ。
今日か明日辺りに「第四章 事件」を読む予定です。
とにかく面白いです。
「モダンタイムス」も早く読みたいです。(これも一緒に借りて来た)

あ、でもうたプリもプレイしたいし、ストロベリーナイトも見たいし、ダウントン・アビーと、ギルティ・クラウン、、、後会社の人に勧められた海外ドラマ(何だっけ借りたんだけどど忘れ)もあるし……。
でもとりあえずは帝國スタアだね。
参邇だね、思いっきり泣いてくるね!

地獄から脱出!!!

「匂いまで愛されるCD 薔薇の香水師」
No.4と5を聞きました。
この二人は兄弟なのですが、実は異母兄弟だったりと色々あります。
互いに相手は「自分を嫌っている」と思いこんでいる部分が印象的でした。

遊び人だった?ロランと真面目で丁寧なユウク。
敷島流の香水をどちらが継ぐのかという選択……。
個人的にはユウクの方が好きですね。
真面目だし、しっかりしてそうですし。
ロランは放っておればまたクラブとかに遊びに行って女の子引っかけてそうなので無理です。
だって「与える愛」が女の子押し倒して~だと思ってるぐらいですから……。
(途中から愛に対する思いも変わっていきますが)
やっぱりユウクの方が良いな。




あ、でもシチュエーションCDはやっぱりrejetが好きです。
クリミナーレとか新選組のとか、想望三國志、帝国スタア・・・
帝国スタアはマジ泣きしたのがいくつかあるほどですよ。





今まで色々なシチュエーションCDを聞いているけれど、帝国スタアが一番好きです。




一緒に活動する方が元に戻りました!
前の方とはどうにも相性が悪く……疲れてばっかりでした;
お互い譲歩はしていたのですが、自分はせっかち、相手はのんびり屋のため、時間の感覚がお互いにずれてしまい、それがうまく行かない原因でした。
11月、12月と一緒に活動した方は自分よりかなり年上の方だったので、お互い気を使うので、上手く行っていましたが……。
11月、12月は上がりで来て、1月に一新してその方とはまだ良かったのですが、プライベートで色々有り結局うまく行かず仕舞いでしたし。

私は割と合う、合わないがはっきりしているので、合う人とは「まるで恋人」「前世からの夫婦」とか色々と言われるのです。

| ホーム |


 BLOG TOP